大臣は、G7は「リスクベース」のAI規制を採用しなければならないと述べた。

1 min read

TAKASAKI、4月30日(ロイター) – 7つの先進国グループは、人工知能の「リスクベース」規制を採用する必要があると日曜日、デジタル大臣が合意しました。 。

しかし、そのような規制はまた、AI技術の開発のための「オープンで可能な環境を維持する」必要があり、民主的価値に基づいているべきであるとG7大臣は、2日間の日本会議の終わりに発表された共同声明で述べました。

大臣は「信頼できるAIの共通のビジョンと目標を達成するための政策ツールはG7加盟国によって異なる可能性がある」と認識したが、この協定はプライバシー問題とセキュリティリスクの中で主要国がAIを管理する方法のマイルストーンを設定します。

マグレテ・ベスタゲルEU執行委員会副委員長は合意に先立ちロイターに「今回のG7会議の結論は、私たちだけがこの問題において確かに一人ではないことを示している」と述べた。

政府は、特に11月発売以来、歴史上最も急速に成長するアプリとなったMicrosoft Corpサポート(MSFT.O)OpenAIが開発したチャットボットであるChatGPTなどの生成AIツールの人気に注目しました。

氏は、「ガバナンス、著作権を含む知的財産権を保護する方法、透明性を促進し、外国勢力による情報操作を含む誤った情報を解決する方法などのトピックを含む可能性がある生成AIに関する今後のG7議論を招集する計画「と言いました。

G7加盟国であるイタリアは、先月の個人データルール違反の可能性を調査するために、ChatGPTをオフラインにしました。 イタリアが金曜日に禁止令を解除している間、これらの動きは同僚のヨーロッパのプライバシー規制機関が調査を開始するように促しました。

欧州連合(EU)議員は、木曜日に世界の指導者がこれらの技術を統制するためのサミットを招集することを要求した後、生成AIの著作権保護措置を含む、今後のAI法案の新しい草案の予備合意に達しました。

EUの技術規制責任者であるVestagerは、EUがAIで生成されたイメージや音楽に対するラベリング義務などのAI著作権法案について「今年政治的合意をするだろう」と述べた。

一方、今年のG7議長国である日本は、AIの開発者に対して受容的なアプローチをとり、AIの公共および産業の採用に対する支援を約束した。

西村康志産業部長官は金曜日の大臣会談に先立ち、日本がG7がAI技術について「先制的かつ包括的な規制ではなく、敏捷で柔軟なガバナンスに同意する」ことを希望すると述べた。

イギリス、カナダ、EU、フランス、ドイツ、イタリア、日本、アメリカなど、G7の最高の技術管理は、東京から北西に約100km(60マイル)の都市である高崎でエネルギーおよび外務大臣会議を終えた後に会いました。 今月。

日本は5月末、広島でG7首脳会議を主催する予定で、岸田文夫首相は世界指導者たちとAIルールについて議論する予定だ。

取材:関太郎宮、日本高崎。 ストックホルムのSupantha Mukherjeeの追加報告。 Lincoln Feastの編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  サムスン、2025年以来、ギャラクシーAIの運命についてついに沈黙を破る
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours