大臣は青少年とスポーツ協力を強化する日本の希望を歓迎

Estimated read time 1 min read

青少年体育部は現在、スポーツ、農業、技術分野など青少年の発展と能力の強化に努めています。

ジャカルタ(アンタラ) – ディート・アリオテッジョ(Dito Ariotedjo)青少年体育部長官は、月曜日にジャカルタでマサキ・ヤスシインドネシア駐在の日本大使と会談を行い、青少年やスポーツ分野の協力を強化する日本の意志を歓迎しました。

彼は、日本の2024 U-23アジアカップ優勝は、青少年スポーツの発展で見受けられる成果であり、協力の提案について喜んでいると述べた。

彼は月曜日、国務省が発表した声明で「今回の会談以後、我々はインドネシアと日本の間の協力機会を議論するための追加会議を開く」と述べた。

Ariotedjoは、青少年体育部が現在、スポーツ、農業、技術分野を含む青少年の開発と能力の強化に取り組んでいることを確認しました。 この文脈で日本との協力が有利であると評価される。

マサキ大使は、自国が特に青少年やスポーツの分野でインドネシアとの量子関係を強化する計画だと述べた。

彼はインドネシアが特にスポーツ分野で日本に大きく貢献したと述べた。

彼は日本のバドミントン代表チームがインドネシア出身のコーチに訓練を受け、国際舞台で成果を高めるのに役立ったと説明した。

一方、インドネシアサッカー代表チームは日本のもちづきさとる監督が指導している。

大使はまた、東南アジアおよび日本の青少年のための船舶プログラム(SSEAYP)を含む、両国間の青少年交流におけるインドネシアの積極的な役割について感謝を表明しました。

彼によると、青少年交流は非常に重要であり、日本とインドネシアの間だけでなく、他の東南アジア諸国とも進行しているという。

この目的のために、彼は農業分野を含むインドネシアの青少年の開発と能力の強化を支援する準備ができていることを表明しました。

関連ニュース:ジャカルタ、今年のFIBA事務所の確保:スポーツ大臣
関連ニュース:政府がバドミントンを活性化するためのCipayung施設の活性化の約束
関連ニュース: 楽観的な30人の選手が2024年のオリンピック出場の資格を得ます: 体育部

翻訳者: Donny Aditra, Raka Adji
編集者:アリノバリーナ
著作権©アンタラ2024

READ  Red Bullコスト上限違反、ペナルティ、それが意味するもの、説明、Max Verstappen、世界タイトルを失う
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours