トップニュース

大規模なコロナ19ワクチンの実験準備をする日本企業

日本の製薬会社第一三共は、早ければ今年の初めコロナウイルスmRNA実験用ワクチンの大規模な臨床試験を準備している。

会社のワクチン開発担当の高官藪田雅之はNHKとのインタビューで計画を明らかにした。

YabutaはDaiichi-Sankyoが何千人もの人々にワクチンを投与する臨床試験の最終段階を開始する準備をしていると述べた。

彼は会社が裁判の結果に基づいて、政府の承認を申請する計画だと述べた。

臨床試験は、一般的に、実験薬物またはワクチンの効果と安全性をプラセボと比較します。
しかし、専門家は、いくつかのコロナウイルスがすでに使用中の場合、数万人の人々にプラセボを投与することは、非倫理的であることができると言います。

だからDaiichi-Sankyoは、そのワクチンが既に使用されている他のワクチンに比べて許容可能な量の抗体を生産することを確認するために試験を非劣性試験の形式で開催することを検討しています。

やぶ乗る自分の会社が東京北部埼玉県にある工場を使用してワクチンが承認されると、大量生産して2022年4月からの会計年度に使用する予定だと述べた。

彼は自分の会社がmRNAの技術を使用して、医薬品の迅速な開発を可能にする遺伝子治療および癌治療だけでなく、他のワクチンを開発することを目標にすると述べた。

AnGes、ShionogiとKM Biologicsなどの他の3つの日本の会社もコロナウイルスワクチンの臨床試験を進めています。

これまで日本は二つのmRNAワクチンを使用しています。 一つは、アメリカの会社Modernaが開発し、他の一つは、米国企業PfizerとドイツのパートナーBioNTechが共同で開発しました。

READ  日本、衝撃を受けた後、スエズ運河の代替検討| 日本のニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close