スポーツ

大谷翔平、MLB先頭13本塁打記録

Shohei Otaniは月曜日MLBホームランレースでシーズン13回の長い爆弾を出したロサンゼルス・エンジェルスがクリーブランド・インディアンスを7-4で制しながら数日で二番目にリードを獲得した。

大谷はエンジェルスタジアムで行われた2回サムヘンジスの3点シュートでエンゼルスの先頭を6-1で増やした。 フアンとガレスが2点2点同点を記録した後、1点満点を記録した。

1-2のカウントでOhtaniはHentges(1-1)からファストボールを受けて、中間の高さを頭の上で飛んで行きました。 左利き打者はとにかくそれを打って右側のフィールドの座席に発射しました。

MLB.comによると、地上128cmの高さから、今年のホームランを行った人で2番目に高いピッチであった。

四球2個、三振2個で1打数3打数を記録した大谷は今年エンジェルスマウンドと打席での活躍で頭を向けている。

日本から来た26歳の選手は38試合で.263を記録しており、投手として5回選抜出発し2.10の防御率を記録している。

彼の次の投球開始は水曜日、インディアンとの3試合のシリーズのフィナーレに設定されます。

「(AngelsマネージャーJoe Maddon)が私を利用することを期待します。 各ゲームに影響を与えるために最善を尽くしてしたいと思います」とOhtaniが言いました。

「(次の出発を期待しているが)明日の連勝を拡張しようと努力しています。 より多くのヒット曲を得たい。」

サンディエゴのPetco ParkからYu Darvishは救援投手Nabil Crismattと結合して7-0の勝利にColorado Rockiesを遮断した後、San Diego Padresの勝利を収めました。

Darvish(4-1)は、7イニング10奪三振を記録した4安打のみ出し、四球を出さなかった。 彼はストライクのために81個の投球のうち59個をスローします。 彼はまた、打席で1打数3安打を記録したシーズン初安打を記録した。

シアトルのT-Mobile ParkからYusei Kikuchi(1-3)は、マリナーズが、デトロイトタイガースに4-1で敗れ、敗北しました。 左腕は6イニング8三振をたが3安打に3安打に本塁打2本、四球4つを発表した。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本の大阪、記録的なCOVID-19の事例で緊急宣言

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close