スポーツ

大谷翔平スーパーファン連合:ベン・バランダーの日本日記、2日目

によって ベン・バランダー
FOXスポーツMLBアナリスト

編集者注:Ben Verlanderは、日本でShohei Ohtaniの根を探求し、日本の文化を体験し、ファンに会う時間を過ごしています。 これは、繰り返されるシリーズの2番目です。 8月19日金曜日に始まりました。

どうしたの? 日本での2日目で、今回の旅行のもう一日についてもっと興奮できませんでした。 東京ジャイアンツが阪神を相手する姿を見るために東京ドームに向かう前に (NPBバージョンの レッドソックスヤンキース ライバル)、昨日のことをすべて話すのに数分かかります。 私の人生最高の日の一つでもありました。

横浜ベイスターズと広島カープを見るために横浜スタジアムにいました。

正直言って、私は何を期待すべきか分からなかった。 私たちは現れ、資格情報を取得し、Baystars組織の様々な人々に会いました。 彼らは全体的な経験を通して、これよりも恵まれて寛大ではありませんでした。 それは信じられないほど素晴らしかった。

それから私達はスタジアムに歩いた。 日本の野球スタジアムは初めてでした。 そして私はびっくりしました。 私はトンネルを出て、すべてを受け入れた。 ここは印象的です。 約34,000人を収容でき、青い座席が急に並んでいる完全な円形です。 50行にあっても実際にフィールドの一番上にあるように感じられます。 すぐに飛び出したもう1つの点は、フィールドサイズが次のようになることです。 小さい: ラインの下に309フィート、中央まで380フィートが少し以上ですが、外野全体を包む16フィートの壁があります。 そこには本当に高得点ゲームがあると想像できます。

チームがBPを取っている間、我々は入った。 1つの明らかな事実は、日本の野球で、ホームチームが2人の選手が2つの別々のケージで同時に打撃を練習するようにすることです。 打撃練習もたくさんする。 基本的にゲームが始まる前の完全な運動です。 外野で運動する投手、横にティーショットをする人々、バントドリル、リストが続きます。 MLBでは絶対に見えません。

BP時代、ベイスターズのスター投手であるイミナが翔太に会った。 彼は喜んで近づいて挨拶を交わした。 私は彼に小さな野球場でピッチングするのが好きかどうか尋ねた。 彼は、アメリカの打者がそこを走ると公園で数多くのホームランを打つと言った。 MLB進出目標があるかという質問にも「絶対」と答えた。

その後、私たちはチームストアに向かいました。 今週出席するすべての試合で制服を購入することにしました。 当然私は美しい白いピンストライプのイミナガNo.21をつかまなければならなかった。

次に、我々は売店を打った。 硬い。

スタジアムの食べ物はここで著しく異なります。 私は豚肉餃子からオレンジをのせた氷、私が味わった最高のカレーの1つまで、すべてを試しました。 これらすべての完全なビデオ分析はまもなくあります。

するとドアが開かれた。 そして私は次に何が起こるのかについて準備ができていませんでした。 私はあなたと同じレベルです。 私は私のポッドキャストであるFlippin’ Batsが日本の最高の野球ポッドキャストだと言うことができてとても誇りに思っています。 知りながらも日本ファンの反応は予想できなかった。

ファンにドアが開かれると30秒で二人の少女が近づいて写真を頼んだ。 少女の一人が涙を流した。 それは一般的なことです。 私たちは何百枚もの写真を撮りました。 特別な日だった。

大谷翔平のインパクトがどれほど強力なのかはっきりわかった。 これはすべてその人のためです。 地球の反対側でNo.1ショヘイファンになりました。 全世界を13時間飛行した後、感謝と愛がすぐに目立った。

Ben VerlanderはFOX SportsのMLBアナリストであり、フリピンバットポッドキャスト。バージニア州リッチモンドで生まれ育ったバランダーはオールドドミニオン大学で全米人であり、2013年デトロイトでタイガースの14ラウンドピックで弟ジャスティンと合流しました。 彼はタイガースで5年を過ごしました。 。ベンバーランダー


メジャーリーグ野球でより多くを得る ゲーム、ニュースなどに関する情報を入手するには、お気に入りをフォローしてください。



READ  日本、スケートボード金メダル2個を追加獲得、要素ズミサクラ、金

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close