大谷翔平 – 日本、イタリア破りWBC 4強進出

1 min read

大谷翔平は木曜日、ワールドベースボールクラシック(WBC)8強戦で日本がイタリアを9-3で破って最初の打者を三振で捉えて存在感を表わしたが、彼の外出の中で最も興味深い三振ではなかった。

2回ビニー・パスカンティーノを102マイルの直球で三振で掴んだことによるものだ。 そのボールは、2018年にエイジェルスと契約した後、彼が投げた最速のボールでした。 彼の以前の最速のボールは、2022年9月10日にヒューストン・アストロスに対して投げた時速101.4マイルでした。 大谷は日本プロ野球北海道日本ハムファイターズでプレーした時代、時速102.5マイルのファーストボールを投げたことがある。

しかし、大谷は5回初め、2打者、2安打、2安打、2者本店を出した後、コマンドが揺れると侍ジャパン監督の栗山秀樹がイニングを終える前に彼をアウトアウトから引き出した。

指名打者で試合に残ったが、大谷の最後の選抜ラインには4 2/3イニング中に三振5個、安打4個、ボルネット1個、投球71個が含まれた。 打席で大谷は4打数1安打2得点1ボールネット1脱三振を記録した。 大谷はホームラン.438(16打数7安打)、2塁打3個、8打点、平均自責店2.08、三振10個、ボルネット1個を記録し、WBCで2回選抜登板し、すべて優勝した。

大谷はMLBキャリアで4日間休憩を取ったことはありませんが、火曜日にマイアミで開催される決勝戦で4日間休憩を取って投球することができます。

栗山は試合後の記者たちに「選手たちだけでなく、日本の野球ファンもショーヘイの試合を見るときに来た国民が何か特別なことを感じている」と付け加えた。 大谷。 昭平です。 昭平です。 今夜のように必ず勝てなければならない試合をする時、昭平が誰なのか分かる」と話した。

日本はWBC準決勝に進出したのが今回が5回目であり、すべての大会で準決勝に進出した唯一のチームだ。 今年WBC 5試合で相手チームを47-11に先駆けた日本は2006年と2009年大会で優勝したが、2013年プエルトリコ、2017年米国に準決勝で敗れた。

日本は10日、マイアミでプエルトリコの勝者と金曜日に対抗するメキシコの準決勝戦を行う。

98マイル以下のファーストボールを1個も投げなかった大谷は、チームの仲間であるデビッド・フレッチャーを相手に時速100マイルのシンカーをボールで処理し、3度目の打席でエイジェルスファンを目覚めさせました。 それはFletcher兄弟が接地することで終わりました。

そして大谷は3回末のバントを打った後、最初のアンタインヒットを殴って気持ちよく驚いた。 日本はそのイニングでイタリアのジョー・ラソルサ投手で4-0リードを取った。 ボールネットで手を伸ばした近藤健介が吉田正隆の地球で得点した。 岡本和馬が大谷と村上宗高にドライブを飛ばして3点ホームランを飛ばした。

イタリアは5回末逆転勝ちを収めた。 大谷はヴィト・プリシアを地球外に退場させた後、次期打者ベン・デル・ルジオを背もたれに差し込んだ。 彼のAngelsチームの同僚との次のマッチアップは、Fletcherがシングルのために右側のフィールドの隙間を通してボールを叩く結果をもたらしました。

オタニは2度目の打者ニキ・ロペスを打ち、1回にオタニにヒットしたデビッドの弟ドミニクに一アウトを残してベースを装填しました。 そしてDominic Fletcherは、オタニの別のシングルを記録し、イタリアの最初の2試合を運転した。 (Dominic Fletcherは、8回ダルビッシュ・ユにホームランを打ったとき、イタリアの別の得点を記録しました。

その時点で日本はすでにブルペンに投手が身を解いていた。 ドミニクの打点ヒット後、栗山が出て、大谷に代わって伊藤博美を投入した。

大谷は記者たちに「4回と5回に少し苦戦したが、それまではリズムが良かったし、投球も上手だったようだ」と話した。

日本が5回末7-2に先立ち、赤字が再び大きくなったイタリアの勢いは長続きしなかった。 イタリア投手のアンドレ・パランテは、大谷をボルネットで蹴り、吉田を突き刺した後、村上と岡本に連続2塁打を出したビニーニトリに置き換えられた。

名誉の殿堂で元ドジャース・マイク・ピアが運営するイタリアは、2013年以降初めて1ラウンドを通過した。

Piazzaは記者たちに「非常に良いチームに対しては例外的でなければなりません」と言いました。 「そして明らかに今夜はそうではありませんでした。 今夜私たちはボールをうまく投げませんでした。 私たちは非常に良い試合をするために投手が必要でした。」

READ  Indian Sports Live、11月26日:リアルタイムスポーツニュース、解説、スコア、アップデート
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours