スポーツ

大阪、フォーブス最高収入女性選手1位

ナオミ大阪が2018年9月13日、日本の横浜にある日産グローバル本社で開かれた契約締結式に出席している。 REUTERS/Toru Hanai/File Photo

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

1月13日(ロイター) – スポーツで精神健康問題への認識を高めるのに貢献した4回のグランドスラムテニスチャンピオンである日本の直美大阪がビジネス誌が発表したリストによると、世界で最も多くの報酬を受ける女子選手です。 フォーブス 木曜日に。

大阪は過去1年間で5,730万ドルの賞金と支持を得ており、そのうちのほとんどが過去1年半に10以上のブランドパートナーを追加した支持ポートフォリオから出てきました。

このリストは、大阪がグランドスラムで義務的な記者会見が彼女の精神的健康に大きな被害を与えたという公の論争の中で、精神的健康に集中するためにフランスオープンで棄権してから1年後に発表されました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

同僚のテニス選手であるSerena Williams(4,590万)と姉妹Venus(1,130万ドル)がその後に続いた。 アメリカの体操選手Simone Biles(1010万ドル)とスペインのテニス選手Garbine Muguruza(880万ドル)が5位を占めました。

テニス選手はリストの10のランキングのうち5つを占め、Forbesによると、テニス選手は10年以上スポーツで最も低いスコアを記録し、10を全部占めた2019年に劇的な変化を記録したと述べた。

フォーブスが発表した2020年のランキングより23%増加した金額で合計1億6,660万ドルを稼いだ。

韓国ゴルファー高陣営(750万ドル)、インドバドミントン選手PV新頭(720万ドル)、テニス世界1位のアシュバティ(690万ドル)、ゴルファーネリコダ(590万ドル)、バスケットボール選手キャンディスパーカー(570万ドル)他の選手たちは上位10位に入った。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

トロントでFrank Pingueの報告、Ed Osmond編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  BillsはRavensを越えて守備に乗ってAFCチャンピオンシップに進出します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close