大阪と西小里がパリオリンピックに日本代表に出る

1 min read

日本テニス協会は、大阪直美と西郡圭が今年パリオリンピックに出場すると発表した。

今回の大会は、グランドスラム4回優勝者である26歳の大阪が開幕式で最後の聖火奉仕ランナーに出た2021年ホーム東京オリンピックで3回戦で敗れた2回目の大会になります。

世界125位には、全米オープン決勝進出者である西コーリーが現在286位に加わり、どちらも国際テニス連盟(International Tennis Federation)の保護されたランキングルールに従って資格を得ます。

2016年リオオリンピックでスペインのラファエルナダルを破って銅メダルを獲得した西コリ(34歳)が日本選手最多オリンピック5回連続出場記録を立てた。

READ  アフガニスタンでタリバンと直接交戦し、日本はG-7諸国に知らせる
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours