エンターテインメント

大阪の聖火リレーはまだ決定されていません

東京オリンピック組織委員会委員長は、今月末に大阪市周辺でオリンピックの聖火リレーを再調整するための決定がまだ下されていないと明らかにした。

橋本セイコーは、オンラインブリーフィングで、「私たちはできるだけ早く結論を下すことができるよう、大阪府、政府や実行委員会と議論しています。

大阪市長と知事は木曜日コロナ19の増加により、4月14日の都市を通したリレー足がキャンセルされることを望んで木曜日発表した。

リレーは、1週間前、日本の北東部で開始され、10,000人のランナーと一緒に全国を横切っています。 7月23日の開幕式で終わる予定である。

リレーは大流行期間中に主催者が、大規模なイベントを開始できることを確認するためのテストです。 失敗した場合、数万人の管理、審判、コーチ、メディアと一緒に日本に入国する15,400人の選手と一緒にオリンピックとパラリンピックの開催の危険性について多くの質問を受けます。

主催者側は先月、海外のファンたちが、オリンピックとパラリンピックに参加することができなくなるだろうと述べた。

Hashimotoは今月に屋内と屋外の場所の最大収容人数の決定が発表されると繰り返しました。 金曜日に彼女は決定が遅れることがあると示唆しました。

「4月の状況が変化することができます。」と彼女は言いました。 “しかし、今月に全体的な方向を提示したいと思います。 しかし、ある時点で、私たちはその方向を作ることができます。 今は言えません。 私たちは、今議論中です。 “

主催者側は、可能な限り地元のファンに場所を満たしたいです。 彼らはチケット販売収入で8億ドルを予算に策定したが、海外のファンたちの禁止により、数百万ドルが不足になります。

足りない部分は、日本政府機関が補充する必要があります。 オリンピックの公式コスト 154億ドルだが、いくつかの政府の監査によると、その2倍になることができます。 67億ドルを除くすべてのものは、公的資金です。

橋本は主催側が今週開会式と閉会式の計画について280ページの流出した文書を発行した週刊誌週刊ブンスンに「抗議」を提起したと述べた。

主催者は、雑誌の「オンライン版」からのデータを削除してくれと要請しました。

橋本は流出した文書に「組織委員会の内部に残しておくべき秘密情報が含まれており、最終的には組織委員会の効果的な管理を妨げる可能性がある」と述べた。

ほとんどの文書は、意識の具体的な計画ではなく、内部のコミュニケーションを扱うかのように見えます。

この雑誌は、金曜日の声明で、納税者の​​お金が関与したため、公益のために運営されていると述べた。

この雑誌は、「この(出版物)が著作権違反や事業運営の妨げにならないということは明らかです。

「納税者のお金を受け取る公益団体は、これらの異常な要求をすることは異常だと思います。 私たちは、このような不当な要求に屈していない続けて取材やレポートの努力をすることです。」

組織委員会の最高財務責任者であるGskuji Itoは橋本とイベントへの支出が公的資金を含むしたと認めた。

伊藤は「東京都の託された役割に応じて意識のための運営と計画にそのような補助金の一部がある」と述べた。

___

APオリンピック:https://apnews.com/hub/olympic-gamesとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  オリンピックの金メダルのために多くの障害に直面してNadeshiko Japan

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close