スポーツ

大阪はクレイシーズンに参入したい。

前No.1 大阪ナオミが自分に過酷すぎないことを目指してクレイコートシーズンに入る。

大阪は先月、マイアミで決勝に進出し、木曜日にマドリードオープンが始まると、ワイルドカードで出場する予定だ。

彼女は水曜日に「以前と比べて間違いを受け入れようと努力しているため、自らにそれほど過酷ではない」と話した。 「私が間違いを犯したり、ボールに向かって十分に速く動かなかったりする場合は、クレイの上で実際にはるかに動かす必要があることがわかります。

大阪は昨年フランスオープンで棄権した後、「長いうつ病を経験した」とし「巨大な不安の波を経験した」と話して大会を休んだ。 4回のグランドスラムチャンピオンである彼女は、2018年にUS OpenでSerena Williamsを破って優勝した後、精神的健康のために努力することについて公に語った。 彼女は涙を流し、昨年USオープンを去り、今年初めにインディアンウェルズで一人の観客の言葉に再び涙を流した。

彼女はマドリードのデビューを控え、「まだ学生だからこそ学び続けようと努力しなければならない」と話した。

大阪は、ラファエル・ナダルと熱い関心を受けているカルロス・アルカラズを含め、マドリードで走っているクレイコートの専門家に学びたいと言いました。

「正直。本当に良いクレイコート選手たちが練習する様子を見たかったのです。近くで見ると本当に早く学ぶ人のようで、率直にこういうものを揃えるのがちょっともったいない気がします。良いプロテニス選手がいて彼らを見ない」 24歳の日本選手が言った。

大阪はナダルが「やったことの一つを盗んだ」と説明せずに練習していると話した。

「本当に良いかもしれないし悪いかもしれません。 その間にはないようだ」と話した。

大阪はマイアミでプレーし、2週間休憩を取った。

「私がプレイするとき、あなたが知ることができると思います。 驚きを台無しにしたくない」と話した。 「私は粘土に適しているようにいくつか変更したと言うでしょう」

大阪はマドリードやローマで準決勝に進出することが目標だと言いました。

彼女は、「一度に一大会ずつ取り組もうとしている。 「もちろん、試合で勝ち、フランスに進出するためにここから、またはローマで準決勝に進出したいのですが、まず小さな目標を立てます」

大阪のマドリード初戦は予選戦だ。 彼女が勝つと、彼女の次の相手は、フランスのオープン決勝進出者アナスタシア・パブリュチェンコワ(Anastasia Pavlyuchenkova)または2020年ビリー・ジンカップ(Billie Jean Cup)でクレイロ大阪を破ったスペイン選手サラ・ソリベス・トルモ(Sara Sorribes Tor)になります。

___

その他のAPテニス:https://apnews.com/hub/tennisとhttps://twitter.com/AP_Sports

___

テイルズアゾニ on Twitter: http://twitter.com/tazzoni

READ  オリンピック - 日本の水泳選手イキ、選手たちのオリンピック撤退の要求に理解を懇願である

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close