スポーツ

大阪は東京オリンピックを約束したが、ウイルスは大きな関心事であることを認め

日本のテニスの感覚的な大阪ナオミは日曜日遅延東京オリンピックに出場すると約束したが、今年の大会を進行する大衆の承認が重要であると信じていた。

主催者側は、7月23日の花火が点灯するまでコロナウイルスが制御されなくても、オリンピックが安全に開催されることができるとも断固ます。

グランドスラム3回優勝者は最近、日本国民の80%が感染症が原因で今回のイベントを開催する東京に反対するという最近の世論調査を心配していることを認めました。

日本の多くの地域では、現在、ほぼすべての外国人には国境が閉鎖されてコロナウイルスの例の急増に対処するために、緊急事態に直面しています。

「あなたが国を開放するので、他の人の一般的な安全が第心配事になるでしょう。」大阪は言った。

“誰もが別の場所から飛んできます。 大衆が安全だと感じてもらいたいだけです。」

23歳の彼女は、2020年のオリンピックのポスターの女の子であり、まだホームゲームで日本を代表することを希望します。

フロリダ州に住んでいる大阪は「オリンピックを支払うために2週間の部屋に滞在しています。

「最後の一つを失った。 東京でプレーは私にとって非常に特別なことになります。」

世界2位のラファエル・ナダルは、大阪の情緒を反響しプレーを希望したが、医療の専門家が最終的な発言権を持つべきだと述べた。

「私たちがしなければならないことは、すべてのことについては本当に正しい知識を持つ人々が私たちに与える指示に従うことです。」彼は日曜日に記者団に語った。

スペインは、オリンピックを控えて強制隔離が混雑したツアー日程に入り込むことは難しいと述べた。

「オリンピックのために15日間の隔離を加えました。」と彼は言った。 「私たちのカレンダーで修正することが難しくなります。」

劉女子シングルスで銅メダルを獲得した世界9位ペトラクヴィートバーは、オリンピックを「5回目のグランドスラム」と描写した。

「オリンピックが確実に起きるように願う “と彼女は言った。

「私にオリンピックは非常に重要です。」

2012年ロンドンオリンピックに出場したが、ジカウイルスに対する懸念で2016年リオをスキップ2位シモーナハルレプは、今年初の五輪メダルを競うことが彼女の最優先課題であると述べた。

彼女はWTAウェブサイトに「主な目標は、オリンピックでメダルを獲得し、そこに行って、最高レベルで競争することができるのです。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  「より多くのプレミアシップの選手が日本に出てくる「

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close