大阪エキスポ、最先端エンターテイメント体験プレゼントアラブニュースジャパン

1 min read

東京:2025年大阪万国博覧会の準備が開幕を1年余り控えた中で拍車をかける中、イベントに参加する一部の民間企業は訪問者に仮想空間とカッティングを特徴とする進化するエンターテイメントの味をプレゼントする計画である。 -高度な技術。

Nippon Life Insurance Co.は、人気のあるGame of Lifeボードゲームの仮想バージョンを開発しました。

日本大型生命保険会社は展示ブースに大型発光ダイオード(LED)ディスプレイを設置する予定であり、約20~30人のプレイヤーが専用装置でルーレットを回す予定だ。

プレイヤーを囲んでいる4つのLEDディスプレイ画像(右、左、前面、底)はルーレットホイールに表示される数字によって変化するため、プレイヤーはゲーム内の空間に沿って動くような感じを受けます。 。

プレイヤーはポイントを集めてゲームを進めます。 ポイントは、金額だけでなく、健康状態などの他の要因も表します。

実際のボードゲームと同様に、プレイヤーは職業の選択、住宅の購入など、人生のさまざまな重要な段階で決定を下す必要があります。

しかし、プレイヤーが億万長者になるために競うボードゲームとは異なり、仮想ゲームはプレイヤーの協力が必要なイベントを特徴としており、各プレイヤーに独自の独創的な人生の物語をシミュレートされた経験として提供します。

Nippon Lifeの関係者は、「私たちはエキスポ展示会で2つの要素間の適切なバランスを見つけ、「遊び」と「学び」の両方を統合する」と述べた。

パナソニックホールディングス(Panasonic Holdings Corp.)が率いるパナソニックグループは、子供たちが新しい世界を探索し、想像力と創造力を育む過程を体験できる「ノーモの土地」展示館に最先端のセンサーとビデオ技術を適用する予定だ。 製造に必要です。

ゲーム業界では、バンダイナムコホールディングス(Bandai Namco Holdings Inc.)が人気の日本テレビアニメシリーズ「機動戦士ガンダム」をテーマに展示を計画している。

まだ具体的な内容は公開されていないが、エキスポに参加する企業は最先端の技術とエンターテイメントを融合し、すべての世代が楽しめる空間を作るために努力している。

西日本都市で開かれるエキスポは、大阪湾の人工島夢島で2025年4月13日から6ヶ月間開催されます。

サポートプレス

READ  日本映画「デーモンスレイヤー」、ボックスオフィス400億円を突破
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours