sport

大阪ナオミ、ドイウルフルセットで下し、初の試合を突破/詳細 – スポーツライブ速報:日刊スポーツ

<테니스 : US 오픈> ◇1日◇米ニューヨーク◇女子シングルス1回戦

二度の4大大会優勝を誇る世界ランキング9位大阪ナオミ(22 =日清食品)が、米国としては26年ぶりに日本の女の子の対決を制した。 同81位都井岬(29 =ミキハウス)に6-2,5-7,6-2で勝ち、5年連続で開幕戦を突破した。

米国OP女子シングルスの組み合わせ

大阪26-2
5-7
6-2
1また、この

返される大阪(AP)
返されるも、この(AP)
返されるも、この(AP)

3セット

   123456789101112Tメートル
大阪       6
また、この           2

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

 

▼第7ゲーム、大阪のサブ6番目のエース大阪ファーストポイント。 相手の反対つい砲役クロスで30-0。 また、このバック網にかかっトリプルマッチポイント。 40-15でも、こののリターン網にかかって大阪が維持し、第3セットを奪い、USオープン5年連続秒前突破を決めた。ウィーナーは、大阪の25の土井は17本。 汎間違いは大阪、土井か38個だった。 試合時間は2時間2分

▼第7ゲームも、このサブまた、この連続ミス0-30。 また、このインターネットに出てくる正面衝突したボールをボレーで返さずに大阪トリプルブレークポイント。15-40でも、この利益をアウトして大阪が中断

▼第6ゲーム、大阪のサブ大阪が5回目のエースを決め30-30とキャッチします。 続いフォーのウィーナーで40-30。また、この返却がアウトして大阪が維持

▼第5ゲームも、このサブまた、このサブさえ30-0つながる。大阪の連続ミスも、このがラブゲームに維持

▼4ゲーム大阪のサブ 40-15でワイドに高速が決まり、大阪が維持

▼3つのゲームも、このサブ40-15で長いラリーを大阪が優勝40-30。大阪のバックネットにかかっても、このが維持

▼第2ゲーム、大阪のサブ大阪が連続ミス0-30。 大阪が4回目のエースを決め15-30。 大阪の誤っ15-40とも、このダブルブレイクポイント。 30-40で大阪が含まリバースクロス返しにジュースにしがみつく。第二のジュース最後はセンターにサーブを決定大阪が維持

▼第1ゲームも、このサブ17個の長いラリーをも、この勝利ポイント先取り。 30-15でも、このが含まダウンよりラインウィーナー決定40-15.40-30でも、この4番目のダブルフォルトにジュース。 また、このフォー網にかかって大阪にブレークポイント。また、この返却がアウトして大阪が中断

第2セット

   123456789101112Tメートル
大阪        5
また、この      7

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

▼12ゲーム大阪のサブまた、このがラリーで粘り勝ちを点先取。 15-15で大阪が3回目のエースを中心に決定30-15.40-30で大阪のバッククロスがアウトジュース。 大阪のフォー直線がアウトしても、このセットポイント。 大阪が忍耐再びジュース。最後は大阪の全身網にかかっても、このが停止し、第2セットを奪還した

▼11ゲームも、このサブ集会に勝利した大阪ポイント先取。 また、このバッククロスがウィノイ15-15。 また、こののフォアがアウト15-30。 また、このワイドサブで砲はアウト15-40ダブルブレークポイント。 30-40でも、このが含まで15番目ウィンナー決定ジュース支える。 大阪が含まリバースクロスで16番目ウィンナー決定ブレークポイント。 大阪の全身網にかかって再びジュース。 大阪機会ボールのドライブボレーのミスも、このにアドバンテージもまた、この誤って見るたびにジュース。大阪の連続ミスも、このが維持

▼10ゲーム大阪のサブまた、このバック網にかかっ大阪ポイント先取。 また、このバック駅クロスがウィノイ15-15。 大阪の景色がアウト15-30。 また、このバックのスライスがアウト30-30。 大阪のペストゥウルも、このが叩くも返済せず40-30。食事をワイドにした、大阪が維持

▼第9ゲームも、このサブまた、この連続ミス0-30。 また、このが含まダウンよりラインのウィナーで15-30。 また、このバックアウトして、大阪にダブルブレイクポイント。 30-40でまた、このフォー網にかかって大阪が最後の瞬間にブレーキ

▼第8ゲーム、大阪のサブまた、この連続ミス30-0。 大阪が2回目のエースを決め40から0。また、このバック網にかかって大阪がラブゲームに維持

▼第7ゲームも、このサブラリーの応戦でインターネットに出てきた土井のバックバリを決定30-0.30-15でも、このフォーリバースクロスウィナーに40-15。40-30でも、このがワイドにサーブを決め攻撃からフォアのウィナーを決めて維持

▼第6ゲーム、大阪のサブ大阪が再びウィーナーポイント先取。 15-15でフォー直線のウィーナーで30-15。 大阪の深いショットをも、このが返済せず40-15.40-30でインターネットに出た大阪の足元に落ちたジュース。 大阪がついに初のエース決定の利点。また、このバックのスライス網にかかって大阪が維持

▼第5ゲームも、このサブまた、このが含まのウィナーを決め30-0。 大阪がバッククロスウィナーで30-15。 また、この返却がアウト30-30。 また、このが食事を中心に決定した攻撃で、大阪のミスを誘う40-30。ラリーで優位に立っていたも、このが含まのウィナーを決めて維持

▼4ゲーム大阪のサブ大阪のミスも、このがポイント先取り。 15-15で大阪の収益がアウト15-30。 また、このの忍耐で大阪の全身網にかかっても、この二重のブレークポイント。 30-40でも、この利益をアウトジュース。 大阪がオープンコートに異物ウィーナーでの利点。また、このバックリターン網にかかって大阪が苦しみながらも維持

▼3つのゲームも、このサブ15-15で大阪フォー駅クロスが網にかかって30-15。 続いて大阪のフォー網にかかって40-15。1回目のエースをワイドに決定も、このが保持します。大阪のミスが第1セットは5つのだったが、第2セットは、これまでに7つの増えた

▼第2ゲーム、大阪のサブ大阪が最初の二重ポート。 続いフォーミス0-30。 また、このバックアウト15-30。 大阪のバックアウトもこのダブルブレークポイント。 また、このフォーダウンよりラインがネットにかかり、30-40。大阪の目的澄ましバック網にかかっても、このが最初の休憩

▼第1ゲームも、このサブ大阪ポイント先取もまた、このが安定したラリーで逆転。 40-15で第二の大阪が返さずまた、このが維持

第1セット

  123456789101112Tメートル
大阪       6
また、この           2

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

※ナイトセッションセンターコートの第2試合

▼第8ゲーム、大阪のサブ大阪がバッククロスウィーナーファーストポイント。 また、このバックリターン網にかかって30から0。 左右に振ったショットで大阪が7番目ウィンナー決定トリプルセットポイント。大阪があっさりと8番目ウィノウル決定を維持し、第1セットを先取

▼第7ゲームも、このサブ15-15でも、このの第二の二重ポートに15-30。また、この利益を連続アウト、大阪が中断

▼第6ゲーム、大阪のサブ長いラリーでも、こののフォアがウィノイポイント先取り。 ネッシーの工房でも、このショットがネットにかかり、15-15。 また、このスライスがアウト30-15と大阪逆転。 ラリーで優位に立った大阪が5番目ウィナーを決め40-15。また、この利益をアウト大阪が維持

▼第5ゲームも、このサブ30-30でも、こののフォーダウンよりラインがウィノイ40-30。ボディサーブを決定も、このが維持

▼4ゲーム大阪のサブまた、このフォーリバースクロスを大阪が返さず0-15.15-15で大阪ネットプレーを決め30-15。 大阪の中心に補助をも、このが返さず40-15.40-30でも、このが含まのクロスウィナージュース。ラリーで大阪の景色がウィンナーとなり、大阪が維持

▼3つのゲームも、このサブまた、このダブルフォルトで0-15.15-30で短くなったリターンを大阪が含ま叩いウィンナー決定、15-40ダブルブレークポイント。 30-40でも、この利益をアウトして大阪が中断

▼第2ゲーム、大阪のサブまた、このフォーダウンよりラインを大阪が返済ず15-15。 また、このが含まのウィーナーで15-30。 また、このが押し気味にもフォアがアウト30-30。 大阪ラリーを破って40-30。食事がワイドにした、大阪が維持

▼第1ゲームも、このサブまた、この2点連取。 30-15で大阪の収益がアウト。 最後はまた、このセンターに高速に決定また、このが維持

READ  川村さんの「ありがとうございました」デッド恩人に中村明が節目と勝利 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close