sport

大阪ナオミ格闘制圧第二全米女王に将軍/詳細 – スポーツライブ速報:日刊スポーツ

<테니스 : US 오픈> ◇10日(韓国時間11日)◇ニューヨーク◇女子シングルス準決勝

世界ランキング9位大阪ナオミ(22 =日清食品)が優勝した18年以降、2年ぶりに決勝に進出した。 同41位のジェニファー・ブレイディ(25・米国)を7-6,3-6,6-3で下した。

第1セットは、互いに譲らず、タイブレークとなったがブレイディの間違いに漬け5ポイント連取で7-1で勝利した。 第2セットは、ブレイディに一度の機会をものにした3-6で奪われ、3セット4ゲームで幸運な網であるから最初のブレークポイントをつかんで相手のミスでブレーキに成功。 2時間8分のフルセット格闘を制圧した。

大阪は「決勝に進むことができてうれしい。ニューヨークは、第2の故郷だと思っており、このコートは自分に合っている。第3セットは相手のサーブを収容することができた」とコメントした。

大阪は、人種差別に抗議するために決勝まで試合数に合わせて黒の犠牲者の名前が入った7つのマスクを用意。 準決勝は6番目に16年ミネソタ州で警察に射殺された男フィランも・キャリースティール氏の名前がセギョジンルル着用した。

決勝では、同8位セリーナ・ウィリアムズ(38・米国)に逆転勝ちをゴドォトダイ27位ビクトリアアザレンカ(31 =ベラルーシ)と対戦する。 対戦成績は、大阪の2勝1敗。 最近では、19年全仏オープン2回戦で4-6,7-5,6-3で大阪が逆転勝ちした。

試合は日本時間13日午前5時以降予定である。

決勝進出笑顔で勝利のポーズ大阪(AP)
試合中に笑顔を大阪(ロイター)
試合中に笑顔を大阪(ロイター)
返される大阪(AP)
返される大阪(AP)
サーブを放つ大阪ナオミ(AP)
サーブを放つ大阪ナオミ(AP)
返されるブレイディ(AP)
返されるブレイディ(AP)
試合後ブレイディとラケットを合わせる大阪(ロイター)
試合後ブレイディとラケットを合わせる大阪(ロイター)
フィランも・キャリースティール氏の名前が刻まれたマスクを着用して登場した大阪(AP)
フィランも・キャリースティール氏の名前が刻まれたマスクを着用して登場した大阪(AP)
大阪27-6
3-6
6-3
1ブレイディ

※センターコートの夜の部第1試合

3セット

   123456789101112Tメートル
大阪       6
ブレイ          

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

 

▼第9ゲーム、大阪のサブ大阪のサービングフォー・ザ・マッチ。 大阪の砲のクロスがアウト0-15。 大阪が再びダウンし、よりラインを決めて15くる。 大阪初のダブルフォルトで15-30。 思わずラケット足を叩いて。 大阪がワイドにファースト決定30オール。 大阪が含まリバースクロスウィナーにマッチポイント。大阪の中心に食事をブレイディが返されず、大阪を維持し、第3セットを奪い、2時間8分の激闘を抜いて2年ぶりに決勝に進出した。

エースは、大阪9ブレイディ10本。 ウィンナーは大阪35個、ブレイディ35本。 汎間違いは大阪17個、ブレイディ25本。 ファースト確率は大阪57%ブレイディ54%。 ファーストポイント獲得率は、大阪84%ブレイディ77%

▼第8ゲームブレイディのサブブレイディが中心に10回目のエースを決め15-0。 大阪のセコンドゥウル叩い再びリターンがネットにかかり、30から0。 ブレイディが含まのクロスウィナーに40から0。 大阪が再び戻りエースを決め40-15。大阪のバックアウトブレイディが維持

▼第7ゲーム、大阪のサブ大阪ワイドにサブでオープンコートにバッククロスウィナーに15-0。 大阪の砲のクロスをブレイディが返さず30-0。 大阪のフォーピースがアウト30-15。 ブレイディバックリターンがアウト40-15。 大阪のフォーダウンよりラインアウト40-30。セコンドゥウルブレイディが再び叩いていたが、インターネットにかかって大阪が保持します。 競技時間は、ここでは、2時間が経過

▼第6ゲームブレイディのサブブレイディフォー網にかかっ0-15。 ブレイディが再びスライスを見逃す0-30。 ブレイディが中心に7番目のエースを決め15-30。 大阪が含まダウンよりラインウィナーを決めダブルブレークポイント。 30-40でブレイディが中心に8番目のエースを決めジュース。 大阪のスライスをブレイディが叩い砲のウィナーを決め利点。 ブレイディバックアウトを再ジュース。 セコンドゥウル大阪が再び逆クロスリターンエースを決めてブレークポイント。 ブレイディが中心に9番目のエースを決めてみた美しさジュース。 大阪の全身網にかかっブレイディに利点。ワイドにサブでフォーのクロスを決めブレイディが3回ブレークポイントをたくさん維持

▼第5ゲーム、大阪のサブワイドにサブでオープンコートに戻ってウィナーを決め15-0。 大阪がバリに飛び込んで拾っ砲のパッシングショットを鮮明に定め30-0。 大阪のバックネットにかかって30-15。 大阪がワイドに9番目のエースを決め40-15。 大阪のバックダウンザラインアウト40-30。大阪のバックネットログインし維持

▼4ゲームブレイディのサブブレイディがワイドに高速でオープンコートウィナー決定15-0。 大阪が含まのクロスウィーナー15オール。 ブレイディバック網にかかって15-30。 大阪のバックネットインし、大阪のこの試合最初のブレークポイント。ブレイディバックアウトして、大阪が最初の休憩

▼3ゲーム大阪のサブブレイディバックアウト15-0。 ブレイディフォーリバースクロスウィノイ15オール。 長いラリーで大阪が再び逆クロスで派手にウィナーを決め30-15。 大阪のバックミスショット30オール。 大阪がバッククロスウィナーで40-30。クロス小競合で大阪が含まダウンよりラインウィナーを決めて維持

▼第2ゲームブレイディのサブブレイディが含まのウィナーを決め15-0。 続いてネットプレーでボレーを決め30-0.30-15でセコンドゥウル大阪が含ま叩いたがアウト40-15。 ブレイディバック網にかかって40-30。 大阪の角度の付いたポーのクロスをブレイディが返さずジュース。 大阪のバックネットにかかっブレイディが利点。 ダブルフォルトで再びジュース。 ブレイディが食事を中心に定め利点。続いてワイドに決定ブレイディが維持

▼第1ゲーム大阪のサブ大阪が再びクロスウィナーに15-0。 ブレイディフォー網にかかって30から0。 ワイドにサブでフォーのウィーナーで40から0。ワイドで決定した食事をブレイディが返さず、大阪がラブゲームに維持

第2セット

   123456789101112Tメートル
大阪          
ブレイ       6

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

 

▼第9ゲームブレイディのサブ大阪のバックリターン網にかかって15から0。 大阪がセカンドバックにノックがアウト30-0。 ブレイディが中心に食事を決定攻撃を決めて40から0。 大阪の砲役クロスがウィノイ40-15。大阪の景色がアウトブレイディが維持して、第2セットを奪還

▼第8ゲーム、大阪のサブブレイディフォーネットインした0-15。 大阪がワイドにファースト決定15オール。 大阪がワイドで8番目のエースを決め30-15と逆転。 大阪のバックアウト30オール。 大阪のバックネットにかかっブレイディにブレークポイント。長いラリーで大阪の砲役クロスがアウトブレイディが中断

▼第7ゲームブレイディのサブブレイディが再びダウンし、よりラインウィナーを決め15-0。 大阪の砲のクロスが網にかかって30から0。 長いラリーでブレイディバックアウト30-15。 センターに補助を大阪が返さず40-15。ワイドに食事を大阪が返さずブレイディが維持

▼第6ゲーム、大阪のサブ大阪がワイドで6番目のエースを決めて15-0。 ブレイディ砲のクロスがアウト30-0。 大阪が再びワイドで7番目ウィーナー決定40から0。大阪の砲役クロスをブレイディが返さずラブゲームで維持

▼第5ゲームブレイディのサブブレイディが再びウィナーに15-0。 ブレイディ砲のクロスがインターネットである限り30-0。 ブレイディバックダウンザラインが20番目ウィノイ40から0。 ブレイディのミスで40-15。 また、大阪の良いお金をブレイディが返済ず40-30。ブレイディが含まのウィナーを決めて維持

▼4ゲーム大阪のサブ大阪のバックアウト0-30。 大阪の食事を中心に決定浮いた収入スマッシュ叩い15-30。 ブレイディバッククロスがアウト30オール。 ブレイディが補助を含む叩くだけアウト、40-30。 大阪の全身網にかかっジュース。 大阪の砲のクロスがウィノイ利点。ブレイディフォーミスとなり、大阪が0-30を多く維持

▼3ゲームブレイディのサブ長いラリーで大阪が砲を間違えて40から0。ブレイディがワイドで6番目のエースを決めて維持

▼第2ゲーム、大阪のサブ大阪の景色がアウト15オール。 大阪が食事を中心に決定30-15。 大阪のバッククロスをブレイディが返さず40-15。大阪が中心の5番目のエースを決めて維持

▼第1ゲームブレイディのサブ ブレイディが40-15で維持

 

▼タイブレーク第2ゲームを相手のミスから大阪ミニブレーキ。 第4試合で連続的に相手のミスで3点連取し5-1リード。 第7ゲームを含むのウィナーで奪い、セットポイントの第8ゲームセンターで食事を決定する、大阪が7-1で勝利第1セットを先取した。

エースは、大阪の4つ、ブレイディ5つ。 ウィンナーは大阪11個、ブレイディ15本。 汎間違いは大阪4個、ブレイディ11本。 ファースト確率は大阪58%ブレイディ54%。 ファーストポイント獲得率は、大阪95%ブレイディ77%

▼12ゲームブレイディのサブブレイディがワイドで5番目のエースを決め15-0。 大阪がバッククロスウィーナー15オール。 大阪の秒戻りがアウト30-15。 ブレイディバック網にかかって30くる。 ブレイディフォーダウンよりラインを大阪が返済ず40-30。大阪のバックネットにかかっブレイディが維持

▼11ゲーム大阪のサブブレイディの収益がネットインした0-15。 ブレイディの収益がアウト15オール。 大阪がワイドにスライスサーブで4番目のエースを決め30-15。 ブレイディが補助を打ったが、アウト40-15。ラリーで大阪の砲のクロスをブレイディが返されず、大阪を維持

▼10ゲームブレイディのサブブレイディセンターに高速に決定15​​-0。 大阪のニット収益をブレイディがスマッシュを決め30-0。 大阪のセカンドバックリターン網にかかって40から0。 大阪のフォーダウンよりラインがウィノイ40-15。大阪の収益がアウトブレイディが維持

▼第9ゲーム、大阪のサブ大阪の中心に食事をブレイディが返さず15-0。 ブレイディが集会に連続力負けて40から0。大阪が中心に3回目のエースを決めラブゲームで維持

▼第8ゲームブレイディのサブ大阪のフォーアングルショットをブレイディが返済ず0-15。 ブレイディが中心に4回目のエース決定15オール。 ブレイディの強烈な砲のクロスを大阪が返さず30-15で逆転。 ブレイディバッククロス大阪が返済ず40-15。 大阪のバックスライスをブレイディが返さず40-30。 ブレイディバック網にかかっジュース。 ブレイディワイドに食事を大阪が返さずブレイディに利点。セコンドゥウル大阪が含ま叩いたが、インターネットにかかっブレイディが維持

▼第7ゲーム、大阪のサブ大阪が1回目のエースを決めて15-0。 続いフォーのパッシングショットを決め30-0.2のエースを決めて40から0。 ベースラインからの小競合をブレイディが優勝40-15。 大阪のバックネットにかかって40-30。 大阪のフォーアングルショットがヒットせず、第二の汎間違いジュース。 ブレイディコードボールにダッシュして捕まえたがバックアウト・ブレイディにブレークポイント。 セコンドゥウルブレイディが返さ誤って再度ジュース。 大阪が食事を決め利点。大阪ファースト決定攻撃で再びウィンナー決定ブレークポイントをたくさん維持

▼第6ゲームブレイディのサブブレイディが含まリバースクロスウィナーに15-0。 続いてセンターに食事を決定30-0。 ブレイディポイアウト30-15。 大阪の収益がアウト40-15。 大阪の砲役クロスをブレイディが返さず40-30。ブレイディが中心に3回目のエースを決めてください。 ウィーナーは、大阪の3つのブレイディ8

▼第5ゲーム、大阪のサブ15今年のセカンドをワイドに決定したが、ブレイディが体を伸ばして戻すエースを決め15-30。 大阪が連続ファースト決定40-30で逆転。最後も大阪が中心に食事を決めた攻撃でブレイディのミスを招待して維持する。 ファースト確率はここまで60%であるが、ポイント獲得率は100%

▼4ゲームブレイディのサブ目的すましブレイディポイアウト0-15。 ダブルフォルトで0-30。 大阪の収益がアウト15-30。 大阪の全身網にかかって30くる。 ブレイディが良いサブでフォーのウィーナーで40-30。ブレイディが2回目のエースを決め0-30で維持

▼3ゲーム大阪のサブ30-0で大阪の砲のクロスがアウトして30-15。 大阪の食事が中心に決定40-15。大阪のバッククロスがウィナーとなり、安定したプレーで維持する。 ここまで大阪の範囲ミスは0個

▼第2ゲームブレイディのサブブレイディが含まリバースクロスウィナーに15-0。 大阪ラリーを破っ15オール。 大阪が補助を叩くが、インターネットにかかり30-15。 ブレイディバック網にかかって30くる。 ブレイディが再び逆クロスでオープンコートを作ってフォーのウィーナーで40-30。 ここで、大阪左足の靴紐が切れて再び結合する。ブレイディがワイドで1番目のエースを決めて維持

▼第1ゲーム大阪のサブこの日も左足にテーピングを巻いた大阪は、試合前に来たコートのインタビューで、「多くの試合を消化して、ステータスが上がっている。積極的な態度を維持して臨んでいる」と述べた。 コイントスに勝った大阪は、サブを選択します。

大阪のファースト決定30-0。 続いてセコンドゥイ体に吸い40から0。フォーの強烈なクロスウィーナーでサブ好調大阪がラブゲームに維持

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close