大阪大学のチームはiPS細胞から結膜細胞を作成します

Estimated read time 1 min read

大阪大学の研究チームがiPS細胞とも呼ばれる誘導多能性幹細胞から結膜細胞を作ることに成功しました。

米国科学誌Cell Reportsの電子版に発表されたこの成果は、眼球乾燥症治療剤の開発に活用されることが予想されます。

目の白身とまぶたの内側の表面を覆う結膜は目の表面を保護する涙の成分である粘液を生成します。

研究チームは、目の基礎を形成するiPS細胞由来の細胞に成長促進タンパク質を追加して、結膜上皮細胞とムチンを生成する細胞を生成しました。

iPS細胞を使った研究で、網膜と角膜の細胞が最も顕著になります。 結膜の研究に必要な細胞の場合、可用性が制限されるそうです。

「私たちは、結膜細胞を培養する方法を確立しました。」と大阪大学の客員教授であるRyuhei Hayashiが言いました。 「多くの結膜細胞を使用することができ、治療効果を調査するために利用することができます。 “

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

READ  アングル:「風邪」ベース、中露コロナウイルスに不安 - ロイター
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours