Top News

大阪決勝進出 “ブラックライブーズ・マタ” Tシャツで登場| テニス| NHKニュース

テニスの大阪ナオミ選手が28日、人種差別などの抗議を示す「黒人の命も重要である」という意味が書かれたTシャツを着て、米国ツアー大会準決勝に登場ベルギーの選手をセットカードマウント2対0のストレートで下して決勝に進出した。

ニューヨークで開かれたこの大会は、USオープンの前哨戦位置づけられています。

世界ランキング10位大阪の選手は26日、準々決勝で優勝した後、ウィスコンシン州で黒人男性が警察に後ろから撃たことに対する抗議で準決勝を棄権するとしたが、このを受け大会自体が27日の試合をすべて保留する事態となり、大阪の選手は「より強い抗議の意思を伝える」などでボイコットを撤回しました。

28日開かれた準決勝で大阪の選手は「黒人の命も重要である」という意味の「ブラックライトブーズ・マタ “と書かれたTシャツを着て登場し、世界22位、ベルギーのエリゼ・湯選手と対戦しました。

大阪選手は、1セット序盤からラリーで冷静にコースを狙ってポイントを重ねて3つのゲームを連取し、鋭いフォアハンドでリターンエースを奪うなど、強力なストロークで相手を寄せつけず、6者2取った。

第2セットは、お互いのサービスゲームをブレイクして、互いに展開でタイブレークにもつれこみましたが、大阪の選手は最後まで集中力を切れて7 -6務めセット十勝マウント2-0のストレートで決勝進出を決めました。

大阪選手は決勝で、世界59位のベラルーシのビクトリアアザレンカ選手との対決です。

ストレート勝利の大阪 “良いレベルの試合ができた」

ストレート勝利で決勝に進出した大阪の選手は最後の試合を終えた後、2日に尋ねると、「率直に言って、ストレスがあり、昨夜はあまり眠れなかった。それでも、今回は非常に良いレベル試合になって喜んでいる。第2セットは、まず、休憩タイブレークも困難な状況であったため崩れず勝つことが嬉しい」と話した。

READ  ついに携帯電話で独立したApple Watchしかしプランは課題も(ITmedia Mobile) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close