トップニュース

大雨、強風が日本北部を襲っ

熱帯暴風雨ルピトによる低気圧システムは、日本の北部に大雨と強風をもたらした。

気象庁は、火曜日の午前5時までの1時間の間の降雨量が北海道北斗市で33mm、新潟県新発田市に22mmに達したと明らかにした。

気象庁は、青森県むつ市と風間ウラ村とその周辺の火曜日の午前5時までの3時間の間、約100mmの雨が降ったと述べた。

気象当局は集中豪雨で被災リスクの高い北海道、青森、岩手、岐阜県の一部の地域で地滑り警報を発令しました。

日本の東部と北部の広い地域に強い風が吹いています。 新潟市では、火曜日の午前3時20分頃に時速107kmの突風が記録された。

低気圧は、火曜日午後の早い時間に東北地方を通って北海道にアクセスすることが予想されます。

日本の北部と東部に局地的に大雨が降ると予想されます。 水曜日の朝から24時間の間、北海道と北陸、東北地域の最大200mmの降雨量が予想されます。

北海道は時速90km、東北と北陸地域は時速83kmの風が予想されます。 最大風速は時速126kmに達することができます。

気象当局は、被害地域住民に地滑り、低地の洪水、氾濫する川、突風と高い波に注意することを促しています。

READ  日本、狩猟講師認証システムの構築

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close