経済

天宮副局長は、BOJが超緩和政策を修正する必要はないと述べた。

  • 日本経済、より明確に回復する – Amamiya
  • インフレ抑制はBOJが政策を緩やかに保つことができることを意味する
  • インフレ圧力が徐々に増加する – Amamiya

東京、12月8日(ロイター) – 天宮政吉日本銀行(BoJ)副総裁は、水曜日中央銀行が目標値である2%をはるかに下回るインフレで超緩和政策を調整する必要がないと述べた。

日本経済は、供給制約が緩和され、来年より明確に回復するように見えますが、オミクロンの新しいCOVID-19バリアントの拡散が見通しをぼやけさせると、Amamiyaは言いました。

しかし、物価上昇率が低いということは、日本が米国やヨーロッパとは異なる状況に直面していることを意味し、インフレ上昇が超緩和通貨政策を解決する機会を高めると彼はスピーチで語った。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

天宮は「日本の物価状況に照らして、BOJが大規模通貨扶養プログラムを修正する必要がないことが分かる」と述べた。

しかし、Amamiyaは、より多くの企業が消費者により高いコストを伝えることができるようになり、日本でもインフレ圧力がますます高まっていると述べました。

企業資金調達の状況も改善され、企業が会社債と企業手形発行をより容易にできるようになった」と話した。

アマミヤは「一部の小規模企業にとっては依然として深刻だが、企業の資金調達状況は全体的に改善されている」と述べた。

彼は「BOJの12月タンカン企業心理調査を含め、企業金融状況を見て適切な決定を下すだろう」と話した。

BOJは、企業債と商業手形の買い入れを増やし、昨年の大流行による現金危機に対処するため、金融機関を通じて中小企業に資金を伝達するローン制度を導入しました。

近年、オミクロン変種の拡散は、早ければ来週の金利審査で下されると予想されるBOJの決定を複雑にしている。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

木原レイカの報告 キム・チャンランとリンカーン・フィストの編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ASCII.jp:動くガンダム実物大ガンダム可動プロジェクト」GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」開催日が決定

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close