スポーツ

天皇杯Jクラブに挑戦するアマチュア2チームが決定! 福山市は初出場でベスト8進出! Honda FCはつくばに逆転| ゲキサカ

天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会第5戦が20日に開催された。 決勝は23日に行われる。

Jリーグのチームが登場する準々決勝まであと一つに、今回の第5戦第1試合福井・ユナイテッドFC(福井/ 9年連続12回目)と福山シティFC(広島/初出場)が対戦福山シティが3-0で勝利した。 福山シティは前半16分にMF田口駿がPKを沈めて先制。 同34分には右CKをDF田中東京が頭で叩いてある。 後半10分には後方からのロングフィード田口が突出相手GKを見ながらループシュート。 くさびの3点目を準々決勝に進出した。

第2試合はホンダFC(シード/第21回JFL優勝)とつくば(茨城/ 3年ぶり31回目)が対戦した。 唯一の大学のチームである筑波は3-4-2-1のフォーメーションを敷い300左は2022シーズン横浜F・マリノス登録が内定しているDF角田涼太朗(3年)を起用。 多くの強豪を破ってきたつくば代前半で冷静な試合運びを見せてくれる。

つくば代前半にHondaのロングスローから決定的なチャンスを作られますが、GK桜庭立木(3年)のセーブで危機を凌駕する。 その高いパス精度と正確な位置にボールを支配した。 すると前半22分に先制。 MF小林(3年)が敵陣右からボールを​​奪ってFW和田教育(2年)がPA中央改行。 駆け付けたMF瀬良俊太(1年)が右足ダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

後半に3百から四百に変更したHondaはFW岡崎ゆきとFW富田祐也2マンパスをタイを狙う。 筑波大学は、瀬良と和田のコンビが最前線で猛プレス。 ボールを奪って一気にカウンターをかけ機会を作った。

後半19分、Hondaが待望の同点ゴール。 PA右外FKを受けFKを獲得する。 途中出場MF石田一樹が左足で直接狙うと、GK櫻庭に記載しながらも、そのままゴールに吸い込まれた。 つくばは直後和田代わり4戦で決勝ゴールを挙げたFW庄司夢ノ介(1年)を投入する。

Hondaは、後半26分MF八戸ユタ州ドリブルでパスを受けた途中出場のMF佐々木俊輝このPAの前で右足シュート。 しかしDF三浦雅人(2年)の号をブロックに阻まれる。 同31分には、パスで相手守備陣の裏をかき、岡崎が無料でPA左に参入した。 右足シュートでファーサイドを狙ったが、シュートが外れた。

筑波大学は、後半32分に瀬良とMF知久航介(4年)の代わりにMF山内ショー(1年)とMF井川空(3年)を投入。 流れを引き込む同36分には、山内が中盤からドリブルで相手選手を抜いて右足アウトサイドシュート。 相手GKに固定されるが、筑波大学は勢いを取り戻した。

Hondaは、後半43分にトミーがゴール前でジャンプバリも落ちる。 しかし、後半アディショナルタイムにバランスを破る。 波状攻撃で佐々木がPAで反転しながら右足シュートを流し込んで逆転に成功した。 そのまま試合終了し、Hondaが2-1で2年連続8強進出を決めた。

[5 차]
12月20日(日)
福井・ユナイテッドFC 0-3福山シティFC
Honda FC 2-1つくば

[준준결승]
12月23日(受賞)
秋田19:00福山シティFC [ユアスタ]徳島19:00 Honda FC [ベススタ]


●第100回天皇杯特設ページ

READ  日本の労働者は、今回のオリンピックで失われたことをひしひし思い出させてくれます。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close