太平洋の島に分離された男性3人、葉で「help」の綴り書き構造

Estimated read time 1 min read

ヤシの木の葉で作られた「HELP」の印は、パイケロット環礁に表示されています。

アメリカ海岸警備隊/米国海岸警備隊


キャプションを隠す

キャプションの切り替え

アメリカ海岸警備隊/米国海岸警備隊

ヤシの木の葉で作られた「HELP」の印は、パイケロット環礁に表示されています。

アメリカ海岸警備隊/米国海岸警備隊

米国海岸警備隊と海軍が太平洋の小さな島に一週間以上孤立した船員3人をヤシの木の葉で砂の中に「助け」と書いた後、成功的に救出することができた。

全40代の3人の男性は、イースターの日曜日に20フィートの小さな船に乗ってポロワットからピケロット(両方ともミクロネシア諸島を構成する2つの小さな太平洋島)に出発しました。 沿岸警備隊が言った。

6日後の土曜日、ある女性が海岸警備隊に電話をかけ、自分の叔父たちが出発地から約100海里離れたピケロットから戻ってこなかったと報告しました。 グアム沿岸警備隊救助センターは調査を開始したが、天候や資源の利用可能性のために困難を経験した。 日本に駐留した海軍航空機と海岸警備隊オリバー・ヘンリー(Oliver Henry)艦が任務に合流した。

乗組員は78,000平方ハリーを超える地域を探し、海軍航空機は翌日3人のヤシの葉のメッセージを発見しました。

調査と救助ミッションのコーディネーターであるチェルシー・ガルシア(Chelsea Garcia)は、「この創造的な行動は、救助活動をその場所に直接導くのに重要な役割を果たしました」と述べました。

航空機の乗組員は、無線機や他の補給品を配置し、男性は食べ物や水があり、健康が良く、ボートが損傷しているがボートを持っていると述べた。 火曜日に、その男たちはポロワットに戻った。

USCGCオリバー・ヘンリー(Oliver Henry)の指揮官であるレイ・セラート(Ray Cerrato)の中尉は「私たちが貴重な資源を保護するか生命を救っても、私たちはただの訪問者ではなく、これらすべての島を結ぶ活気ある海洋コミュニティのメンバー」と言いました。 。 「Pikelot Atollの近くで最近行われた今回の作戦は、私たちが作ることができる変化を実感します。これは単にミッションを実行する以上のものです。これは、私たちが構築する実際の人間関係と私たちが触れる人生に関するものです」

READ  ウクライナ - ロシア戦争最新:侵攻199日目に私たちが知っていることウクライナ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours