エンターテインメント

太田光の法廷でボケテリー伊藤氏「死刑は ” – 笑い:日刊スポーツ

爆笑問題の太田光

1日、「日本の大学芸術学部裏口入学試験」で初めて法廷に立ったお笑いコンビ爆笑問題の太田光(55)が4日、TBS系「サンデー・ジャパン」(日曜日の午前9時54分)生放送に出演した。

法廷で偽証をしないという宣誓に最後に自称するとき、小さな声で「伊勢谷友介です」と大麻取締法違反の疑い(所持)で逮捕された先月30日、保釈され、俳優伊勢谷友介さん(44)の名前を聞いボケ太田は「先に言っておきますが、私、伊勢谷ないから誤解している人が多い」とあいさつした。

太田は「私はここで裁かれるでしょうか。」 「伊勢谷友介です」と発言したことについて、「何の意図かともふわさんが言ってるから」と出演したYouTubeタレント後と量(26)の名前を出しながらボケ。

そして「現場シーンにありました。裁判長に書いてしまった。(ジェパンジャンガ)」では」と言うのとセリフが裏返してしまった。それはシルペハンワ。あまりにも良いゲストではない」と、傍聴の反応退屈を嘆いた。

法廷でギャグ “プシュ」などを披露しボケことについて「不快ではなかった。しかし、社長は怒っていた」と妻の所属事務所タイタンの太田光代社長(56)から責めたことを明らかにした。

ゲスト堀江こと堀江貴文氏(47)は、「民事とはないですか。 刑事裁判だったら、罪が重くてしまうが。 「解説者のテリー伊藤氏(70)は、「多分私は(ミス)死刑判決が出てくると思います。 訴え側から被告ではなく、原告だ」と冗談混じり指摘した。

太田側、日本の大学の芸術学部に裏口入学したという虚偽の記事を「週刊新潮」に掲載されたとして出版社の新梢に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。 最初の出征にミスがボケを交えながらも「卑怯手に入ったことが知られ、父が暴力団に媚び尋ねと書かれて悔しい」と主張した。

週間新潮は18年8月16・23日号の「爆笑問題」太田光」を日本の大学に裏口入学させた父の優しさ」というタイトルの記事を掲載。 12年に死亡父三郎さん(享年83)が800万円を渡したと報道した。 18年10月に第1回口頭弁論が開かれた後、和解交渉をしたが、決裂ていた。

READ  Ray Parks、Jr. 日本のB.Leagueでのキャリア継続しながら、「確かに幸せな場所」

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close