太陽嵐の危険! NASA、地球に向かって太陽風を噴出する太陽に巨大な穴を発見

Estimated read time 1 min read

昨日3月20日、地球は今日入ってくるコロナ質量放出(CME)によって目立つ打撃を受ける可能性があると報告されました。 天文学者が太陽の発展に注目している間、はるかに懸念される発展が太陽で発見されました。 NASA Solar Dynamics Observatoryは、太陽風の流れを噴出する太陽大気の大きな穴を検出しました。 この太陽風は、3月23日から24日の間に地球に到達すると予想され、別の強力な太陽嵐イベントを引き起こす可能性があります。 その日に入ってくるCMEがあると太陽風の影響で結果効果が倍になり、状況が悪化することがあります。 詳細を確認してください。

開発は 報告 SpaceWeather.comはウェブサイトで「太陽の大気に大きな穴があり、地球に向かって太陽風を噴出している。 これは、磁場が開いて太陽風が脱出できるようにする太陽大気の領域である「コロナ穴」です。

すぐに地球を襲う太陽風

太陽風が地球を襲うのはかなり一般的な出来事ですが、これのタイミングは心配です。 この急速に動く太陽風の波は、春分の直後数日間強打することが予想されるため、地球は磁気圏に形成される亀裂のために非常に脆弱です。 これは全体的に強力な太陽嵐をもたらすでしょう。 着信CMEがクラッシュすると、さらに悪化する可能性があります。 そうすれば、G2級やG3級の太陽嵐も排除できない。

また読んで下さい: スマートフォンをお探しですか? モバイルファインダーを確認するには

これらの強力な太陽嵐は、通常、強烈なオーロラディスプレイを示しています。 ただし、照明ディスプレイにだまされないでください。 これはインフラに大きなダメージを与える可能性があります。 これらの太陽嵐は、潜在的に衛星を損傷し、モバイルネットワークとインターネットサービスを中断し、電力網の障害を引き起こし、敏感な地上ベースの電子機器を損傷する可能性があります。

NASA Solar Dynamics Observatoryの役割

NASA Solar Dynamics Observatory(SDO)は、2010年から太陽を観測できるすべての機器を備えています。 さまざまな太陽活動からデータを収集するために、3つの非常に重要な機器を使用しています。 これには、可視太陽ディスク全体の長手方向およびベクトル磁場の高解像度測定を実行するHelioseismic and Magnetic Imager(HMI)、太陽の極紫外線照度を測定する極紫外線可変性実験(EVE)、および大気イメージングアセンブリ(AIA)があります。含まれます。 7つの極端な紫外線(EUV)チャンネルで、太陽の層とコロナの連続的な全ディスク観測を提供します。

READ  注意欠陥多動性障害(ADHD)医薬品市場/世界の産業の規模、分析、成長要因、主要企業、地域の見通し、2026年までの将来の洞察力 - InvestAsian
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours