理科

太陽系の未知の惑星プラネットナインと同様のシステム外惑星は? | sorae宇宙のポータルサイト

点線は、システム外惑星」HD106906b」が取ることができる軌道の一つ。 バイナリ「HD106906」の五十年を非常に遅延させて楕円を描いて公転していることが分かる。 (Credit:NASA、ESA、M. Nguyen(University of California、Berkeley)、R. De Rosa(European Southern Observatory)、and P. Kalas(University of California、Berkeley and SETI Institute))

システム外惑星」HD106906b “2013年、チリのラスカンパナス天文台のマゼラン望遠鏡によって発見された。太陽系最大の惑星である木星の11倍の質量を持つ巨大ガス惑星で、地球から336光年の距離にあるLianxing “HD106906」周りを回っています。ただし、発見当時は、そのコースについては何も知っていました。

だからカリフォルニア大学の明治・グエン氏の研究チームは、HD106906bの動きに対する14年間のハッブル宇宙望遠鏡の非常に精密な観測データを使用して、その軌道を計算しました。するとHD106906bは、太陽から地球までの平均距離730回以上主星から離れたところにあり、非常に遅延させて楕円軌道を描いて15,000年歩いて主成分の周りを公転していることを知りました。

ところが、上掲した画像に「Circumstellar disk(星周円盤)」太陽系ならカイパーベルトに対応します。 カイパーベルトは、海王星また、外部に小さな氷の天体が集まっています。 冥王星などがカイパーベルトに属しています。

HD106906bが円盤のはるか外側を公転していることが分かります。

ちなみに、円盤の左が短く中断、さらに垂直方向に傷ができ妨げているのは、HD106906bの重力の影響によるものと考えられています。

実際には、私たちの太陽系でもカイパーベルトの外側に地球質量の10倍の質量を持つ未知の惑星があるではないかと推測されています。いわゆるプラネットナイン(9惑星)です。

プラネットナインは、任意の太陽系外縁天体(海王星より外側にある天体)奇妙な軌道で、その存在が推定されているものですが、現在ハワイにある日本のすばる望遠鏡をはじめとする全世界に探検が続いています。

研究チームは、今回の研究成果は、この惑星ナインが実際に存在することができる可能性を示すものと考えています。 多分その中、私たちの太陽系に新しい仲間が加わるかもしれませんね。

また、論文は12月10日付で「The Astronomical Journal」に掲載されました。

HD106906bの想像図(Credit:NASA、ESA、and M. Kornmesser(ESA / Hubble))

画像クレジット:NASA、ESA、M. Nguyen(カリフォルニア大学バークレー校)、R. De Rosa(欧州南部天文台)、P. Kalas(カリフォルニア大学バークレー校、およびSETI研究所)/ NASA、ESA、M. Kornmesser(ESA / Hubble )
出典: NASA/
文/飯銅茂幸

READ  2020年にノーベル物理学賞受賞者が言う「ビッグバン以前の宇宙」とは? - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close