失われた翻訳:20年後

1 min read

ソフィアコポラ 翻訳中の損失 – ビル・マレー(Bill Murray)とスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)が演じたキャラクターのコメディードラマは東京でデートし、2003年に公開されたときにほぼ全世界で好評を博しました。 しかし、「ほぼ」という理由はかなりひどかった。 当時、この映画はオリエンタリズムと人種固定観念という非難で大きな打撃を受けた。 あまりにも映画の日本配給会社がずっと遅れていて、長い字幕制作過程が終わった時はすでに2004年になっていた。 翻訳中の損失 今年。 それではそうしましょう。 映画は何を正しくしましたか? そして日本人の描写はどうでしたか?

ゼロシティストーリー

物語の設定自体が「キャラクター」である映画がたくさんあります。 翻訳中の損失 そのような映画ではありません。 東京は出演陣に含まれなかった。 プロットはウイスキー広告を撮影する映画俳優ボブ・ハリス(マレー)とエンターテイメント写真家の妻シャーロット(ヨハンソン)が孤独と孤立感のためにお互いの同伴で慰めを探すことを中心に展開される。 しかし、それは都市のユニークな特性のために発生したものではありませんでした。

Charlotteは最近大学を卒業し、依然として彼の人生を悩んでいますが、Bobは自宅、支援システム、または自分の言語を使用している人から離れた場所で家族の問題に取り組んでいます。 物語の核心は変わらないでしょう 翻訳中の損失 たとえば、北京やリオデジャネイロを背景にしました。 コポラにとって必要なのは、英語を知る人が多い外国都市だけであり、東京を選んだ唯一の理由は、そこで自分の人生を調べるのに少し時間を費やしたからです。 映画には明らかに自叙伝的な要素があります。

映画のタイトルではありません 東京で迷子になった または シャーロットの冒険 [insert nickname for Japan’s capital]。 街は重要なことが起こる背景です。 そして映画の利点として、それは美しい背景でした。 翻訳中の損失 数多くのネオンサインと人波でいっぱいの東京の夜を初めて見る口が餅つくような経験を上手く捉えます。 長年ここに住んで東京の爽やかな美しさを忘れやすいですが、映画をまた見るとそんな感じが解消されます。

人種的固定観念はどうですか?

映画の主人公は東京を初めて訪れた人なので、自然に余暇に非常に基本的な観光をします。 シャーロットは寺院を訪れ、池袋やレッスンを聴き、ゲームアーケードに行き、京都を訪れた後、ご飯を連れて東京のナイトライフを味わいに行き、多彩なキャラクターに会い、有名なカラオケシーンで仕上げられます。 そして、そのシーンはすべて素晴らしいです。 なぜなら、それらは変形的ではないからです。

花を鑑賞したり、新宿や渋谷でパーティーをすると、いきなり生活の意味を探す人はいません。 それはオリエンタリズムだったでしょう。 映画の東京はもちろん外国の場所ですが、Manic Pixie Dream Girlの都市版として提示されていません。 気まぐれで主人公の問題を解決することは存在しません。 Bobがとても簡潔に言ったように、「ただ…違うだけです」 アーメン。

しかし、その場面が問題にならなかったからといって、映画が決して一歩も見逃さないというわけではありません。 東京はここだけの背景なので、劇的なキャラクターアークと日本精神に対する熟考を持った日本キャラクターを求める人はいません。 しかし、いくつかの威厳は良いでしょう。

英語がほとんどないボブの無能な通訳も十分に悪かった。 しかし、日本人の売春婦がご飯にストッキングを「唇に」するように苦しんで長い間話すシーンはあまりにも恥ずかしかったです。 日本人が「RとLを変える」ことを嘲笑する映画は最優秀脚本賞を受賞してはいけません。 実際、彼らはそうではありません。 少なくとも映画でモックする方法ではありません。

めちゃくちゃ老いちゃった一つ

あるシーンでは、シャーロットとボブは日本人の知人とパブにありますが、突然パブの所有者が現実的なエアソフトガンを取り出してその群れに銃を撃ち始め、それらを追いかけて偽の銃撃戦が続きます。 これが実際に東京で起こった場合、警察の攻撃チームが出動し、ニュースヘリコプターが出動し、主要なニュース局で報道することで終わります。 全体のシーケンスは、みんなが楽しく遊んでいる様子を見せるためのもので、ボブとシャーロットが病院の車椅子に乗って馬場遊びをし、横断歩道を渡り、東京を遊び場にする場面も同様でした。

このようなシーンは、ここ数年で日本の厄介な影響力のある人々が稼いだいくつかのスタントとどれほど似ているのか不気味です。 もちろん、コポラはただ主人公たちが幸せで太平な姿を見せたかっただけで、外国人が公開的に迷惑を出すことが20年後に日本で問題になるとは予想できなかっただろう。 それにもかかわらず、それは映画時代の一部を高級ウイスキーというよりはラジエーターの後ろのミルクボックスのようにしました。

この映画は実際に何を提供しますか?

20年後、 翻訳中の損失 現代映画では、見にくい話をまだ提供しています。 映画は興奮やセクシーさが全くないロマンス映画だ。 スカーレット・ヨハンソンは非常に魅力的ですが、彼女のシャーロットは謙虚な女の子のラットであり、彼女とご飯の間には性的ケミストリーはまったくありません。 奇妙で定義するのが難しい準関係に性的な要素に対する欲求があるかもしれませんが、それは決して意味のある方法では表現されません。 これは長期的に映画に本当に良い結果をもたらしました。

最近の現代映画に対する一般的で正当な不平は、「すべての人が美しく興奮した人はいない」ということです。 私たちは映画の中でギリシャの神と女神についての選択の幅が広いです。 しかし、映画の観客と最も重要なのは収益を制限できるため、誰もセックスをしません。 翻訳中の損失 また、興奮していませんが、スターを性的対象にしません(例外 オープニングショット (今日まで誰も見つけられなかった) だからある程度バランスをとったわけで、この映画は20年連続で引き立つ作品になりました。

関連投稿

READ 
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours