女子アジアチャンピオントロフィー:インドが韓国を抜いて決勝で日本に会う

1 min read

インドの女性チームは2-0で勝利し、多くの試合で韓国を2回目に切り、土曜日にここで開催されるジャルカンドアジアチャンピオンズトロフィー決勝に進出しました。

彼らは今、アジアゲームで銅メダル決定戦を繰り返しながら日本と対戦し、他の準決勝で日本がアジアゲームチャンピオン中国を2-1に破った後、ディフェンディングチャンピオンに対して2番目のタイトルだけを狙うでしょう。 中国は韓国と3位をめぐって対決する。

インドの意図と試みは最初から明らかでした。 主催側は攻撃を続け、最初の5分で2回のペナルティコーナーを持っていたが、両方とも外れた。

11分にチームのしっかりとした努力で、インドはデッドロックを破るのに役立ち、このゴールは実行力ほどリズム感も印象的でした。

サリマテテが韓国23ヤードライン近くでボールを奪い、弾丸のように直線でフィールド中央を走り、左のバンダナカタリヤにパスした。

後者は1回の滑らかな動きでNavneetにボールを送り、Navneetはそれを遠いポストの近くの未表示のSalimaに渡しました。 その若者は鋭角から家に銃を撃った。

Sonikaが衝突と脳震盪の可能性がある後に除外され、2日後にドラフトされたVaishnavi Phalkeは、インドの3番目のペナルティコーナーでリバウンドシュートを吹き飛ばし、19分で2倍のリードを記録しました。

インドは何度も近づいたが、前半までリードを増やすことができなかった。 一方、韓国は半分のチャンスがほとんどなかった。

インドは後半戦後も強く圧迫したが、韓国の守備陣は耐え、空間を閉鎖し、逆襲を試み、数台のPCを獲得した。 しかし、変換できませんでした。 現場で一生懸命努力しただけに、より多くのゴ​​ールを入れることを望んだが、ヤネケ・スコープマン監督は、過去の試合以降それだけ期待をかけ、結果に満足した。

別の準決勝では、日本が後半追加ゴールを記録し、逆転勝ちを収め、大会2連続決勝に進出した。 どちらのチームも、いつの時点でも統制できなかった試合でした。

中国はオープンプレイで得点を試みたが、ずっと外れている間、日本はペナルティコーナーに集中した。 11対4を獲得し、両ゴールを成功させた。 中国の守備陣が正しくクリアできず、両ゴールはリバウンドから出た。

5位をめぐってプレーするプレーオフで、マレーシアは最初の1分でPCを獲得して先頭を占め、タイを相手に最後まで先頭を守りました。

結果: 準決勝:日本2(浦田かな、鈴木みゆ)vs中国1(ティアンティアンルーオ)。 インド2(Salima Tete、Vashnavi Phalke)bt韓国0; 5/6位:マレーシア1(Nurmaizatul Syafi)、タイ0

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  日本、最大1ヶ月までのウイルスの緊急事態の延長予定
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours