トップニュース

女子ホッケーワールドカップ:Navneet中括弧でインドが日本を破って9位その他のスポーツ

Terassa(スペイン):インドの女性のホッケーチームは、水曜日にFIHワールドカップで日本を3-1で破り、残念な9位を獲得した中でNavneet Kaurが中括弧を獲得しました。

ナブニット(30分、45分)はフィールドゴール2ゴールを破り、ディープグレースエッカ(38分)はグレード分類の試合でセットピースで一度ボードを鳴らした。

日本の単独ゴールは前半20分、浅井悠のゴールから出た。

前半5分で激しい接戦を繰り広げたが、両チームとも得点に失敗した。

すぐにインドがリードをつかむ途方もない機会を得ましたが、バンダナ・カタリヤの近距離ボールは日本のゴールキーパー・エイカ中村によって阻止されました。

両チームは1クォーター残りの時間の間に激しい攻防戦を行ったが、役に立たなかった。

インドは2クォーターに良い出発をし、2分で2回のチャンスを取ったが、サビタが率いるチームはゴールを避けた。

日本は前半20分、ペナルティキックコーナーキックを成功させた浅井由賀先制ゴールを破った。

インドはすぐに最初のペナルティコーナーキックを獲得したが、チャンスを無駄にした。

2クォーター終盤の無慈悲な攻撃で勝負を覆したが、日本は頑強に守備した。

インドは、前半にナヴニートが現場でボードを見つけたときにタイを記録しました。

インドはエンドの変化の後に先頭に立って、試合の6番目のペナルティコーナーを獲得しましたが、トーナメント全体がそうであったように、もう一度チャンスを無駄にしました。

ラルレムシアミは左側から脅かしたが、日本のディフェンダーはその任務を果たした。

しかし、インドは別のペナルティコーナーキックを獲得し、今回はEkkaが得点し、後半8分にチームをリードした。

インディアンスは日本のゴールへの攻撃の後に攻撃を開始し、かつてはヴァンダナが感情的に近づいてきたが、彼女の努力は日本のゴールキーパー中村によって阻止された。

インドがガチャなく攻撃を浴びながらプレイはエンドチェンジ以後日本陣営内でほとんど包囲された。

インドは3クォーターで2ゴールを先取りする直前に至ったが、シャミラ・デビーの得点はボールが体に当たって無算になった。

3クォーターは完全にインドの分け前だった。 彼らは日本の守備に問題を引き起こすためにゲームを飛躍し、最終的にNavneetの2番目のゴールにつながりました。

インドは4クォーターと最後のクォーターにも同じ流れを続け、バンダナは日本のゴールキーパーに再び拒絶された。

日本は最後の数分で一生懸命働きましたが、断固としたインドの守備を突き抜けませんでした。

READ  大統領室、日本の特使弁護

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close