経済

女性は、日本政府からの役員の5.9%のみ占め



このファイルの写真では、ほとんどの日本政府省庁が配置東京の霞ヶ関地球を見ることができます。 (毎日)

東京(教徒) – 女性は2020会計年度に東京の日本政府のオフィスで役員の5.9%のみ占め、これは職場内の性別格差を減らすために、日本の遅い進展を示しています。

内閣府は、木曜日に発表した資料によると、女性公務員が占める割合は、前年より0.6%ポイント増加し、政府目標である7%に及ばなかった。

データに含まれている18個の省庁や機関のうち7つは、目標に到達していました。 最下位は国家公安委員会(1.4%)、国防総省(1.8%)、国土交通省(2.1%)の順だった。

残りは総務部(3.7%)、農林水産(4.1%)、監査院(5.9%)、財務省(6.3%)などだった。

このデータは、日本の伝統的な性役割がどのよう奥深く残っていて、女性の承認が直面している困難を示しています。 この国は、世界経済フォーラムの性別格差のランキングで120位にあり、これは7つの先進国の中で最も最悪です。

去る3月に終了した2020会計年度の最高のパフォーマンスは、国の人事庁(13.1%)、文部科学省(11.8%)、キャビネット(11.5%)であった。

菅義偉首相政権は昨年12月、女性が2025年末までに、東京事務所で理事クラスの仕事の10%を占めることを目標としている男女平等のための新しい基本計画を採用しました。

政府は今年クォーターの導入など、女性のリーダーシップの役割の割合を高めるための具体的な措置を議論する計画だ。

READ  日本のHoshide、他の人々はSpaceXロケットに乗って宇宙ステーションに向かいます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close