Tech

妻のスマートフォンは、Pixel 4aを決定した – 物足りなさを感じない理由は – Engadget日本版

Engadget日本の

こんにちは、妻に「Pixel 4a」を購入したザイ鈴木です。 Googleで製品を借り同じ時期に、妻からスマートフォンを交換たい相談されたほとんど迷わずPixel 4aをお勧めしました。

つまり、今の時点では「ライトスマートフォンユーザーであれば、Pixel 4aしかない」ということですが、これだけだとEngadget編集部からのお金得ることができないので、ここで非常に長い吸盤を開始しますね。

小型の処理速度は十分なカメが非常に綺麗、Suicaを使用

ところで、上記のタイトルは妻に販売トークだが、Pixel 4aの特徴は、この4つに要約することができる。 一度お決まりなので、主なスペックを書いておきますが、これは妻は伝えません。


Pixel 4aの主なスペック

サイズ/重量···144×69.4×8.2mm / 143g

ディスプレイ… 5.8インチ有機EL(1080×2340ドットのパンチホール)

SoC・・・Qualcomm Snapdragon 730G

メモリ… 6GB

ストレージ… 128GB(microSDサポートされていない)

カメラ···背面12.2MP(1.4μm、f / 1.7,77も、OIS)前面8MP(1.12μm、f / 2.0,88も固定焦点)

セキュリティ···裏面指紋

例・・・nanoYES×1、yES

バッテリー容量… 3140mAh


Engadget
▲筆者のギガンティック手がなくても、Pixel 4aの身体は、安価なサイズです
Engadget
▲本体に加えて、18W USB-C電源アダプタ、1m USB-C – USB-Cケーブル(USB 2.0)、クイックスタートガイド、クイックスイッチアダプタ、SIMツールが含まれています

4つの購入相談に加えて、妻に伝えておいた色はJust Blackが、防水非対応無線充電非対応のメモリカード差し込むことができませんが、今のスマートフォンよりも4倍のデータを記録することができ、……になります。

色が黒だけということについて非常に悩んだが、「ケースすればいいんじゃない」といえば納得しました。 理由は、かわいい色がいいわけではなく、「カバンに入れているときに、鮮やかな色がより迅速に見つけることができて便利」であるとします。

Engadget
▲明らか地味。 クロコようです
Engadget
▲妻のスマートフォンがUSB Type-C端子れることにより、リビングルームで不吉なmicroUSBケーブルを、最終的に追放することができます
Engadget
▲nanoSIMカードの交換は市です

一度性能を確認します

スマートフォンで一切のゲームをしていない妻は、適当に性能が良いが、常連ベンチマークを実施した後、すぐに適当にスコアでした。 妻に「最新のスマートフォンは、10万ウォン程度かかるが2倍高速だ」といえば「安いほうがいい。(Pixel 4aの)4万2900円高い買い物だよ」と即答した。 「職業上」を口実に停止する主力携帯電話を購入する傾向がある筆者が、一般的な金銭感覚を教えてくれる妻に感謝します。

Engadget
▲「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは280532 “Geekbench 5” Multi-Core Scoreは1641 “3DMark」のSling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1は2477. SoCに「Qualcomm Snapdragon 865」を搭載する「OPPO Find X2 Pro」のAnTuTuが604805であるが、最新の3Dゲームを最高の画質で再生していない限り、Pixel 4aの性能で十分です

カメラの数よりも夜景がきれいに撮れるかどうかが重要

ところが、妻が最も重要視するのがカメラのパフォーマンス。 今回の記事のために、そして妻に見せるために、 “Pixel 4」とPixel 4aからかなりの枚数を撮り比べてみましたが、43インチの4Kディスプレイ画面全体も正直違いが全くわかりません。

そこで今回は、Pixel 4aの写真だけを掲載しますね。 しかし、さすがに拡大すると、光学望遠カメラを搭載しているPixel 4ほうが高画質だったので比較画像を最後に上げておきます。

ちなみに妻は夜景モードの写真を見て、最終的にPixel 4aを決めた。 これは、人によっては思いますが、妻にはカメラの数よりも夜景がきれいに撮れるかどうかが最も重要だったようです。

Engadget
▲Pixel 4aで撮影します。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのサイズ変更
Engadget
▲Pixel 4aで撮影します。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのサイズ変更
Engadget
▲Pixel 4aで撮影します。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのサイズ変更
Engadget
▲Pixel 4aで撮影(夜景モード)。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのサイズ変更

さて、Pixel 4超解像ズームは最大8倍、Pixel 4aは、最大7倍なのに拡大してみると、解像感も大きな違いがありますね。 しかし、21インチ程度のディスプレイであればPixel 4aの7倍超解像ズームも個人的に許せ画質です。 ちなみに、妻は43インチのディスプレイでも許すことができそうです。 そうなると、Googleは、超解像ズームを7倍に設定したライトユーザーに絶妙な判断かもしれません。

Engadget
▲Pixel 4で撮影(8倍超解像ズーム)。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのトリミング
Engadget
▲Pixel 4aで撮影(7倍超解像ズーム)。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのトリミング
Engadget
▲Pixel 4で撮影(8倍超解像ズーム)。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのサイズ変更
Engadget
▲Pixel 4aで撮影(7倍超解像ズーム)。 4032×3024ドットの元の画像を1000×750ドットのサイズ変更

変態端末を愛するユーザーのメインターミナルにぴったり

冒頭で「光のスマートフォンユーザーであれば、Pixel 4aしかない」と伝えましたが、実際には数週間Pixel 4aをテストしてみ、マニアックな筆者も想像以上に物足りない感じてはいませんでした。 変態端末をこよなく愛するユーザーのメインターミナルにもぴったりの一台と言えるでしょう。


READ  Razer低遅延無線技術「HyperSpeed」対応のキーボードとマウス、ヘッドセット発売

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close