経済

嫌悪にも屈しない日本の韓国人社会人権弁護士





ク・ヤンオク(右側)が2016年、京都府宇治の韓人コミュニティであるウトロで自分が育った家の外に娘、父と一緒に座っている。 (写真提供:ク・ヤンオク/刑務所)

TOKYO(Kyodo) – 韓国に住んでいる3歳のク・ヤンオクは、成長するとき、西日本にいる自分の小さなコミュニティが一つの大家族のようだと感じました。 住民はお互いの家の前で誰かを呼び、チャットをするだけです。

しかし、Kuが10歳になったとき、彼女は京都府宇治のUtoroという場所である彼女の朝鮮族地域が周辺の日本地域と異なることに気づき始めました。

ウトロの家は一般的に小さくて、厳しく、夏には雑草が長く成長します。 雨が降るとトイレだけあった町に下水のにおいが広がった。

ク氏は幼い頃を回想し、「友達が来たら「お前こんなのに買うか」というか恥ずかしい」と話した。

しかし、彼女はその地域の姿に不快感を感じたかもしれませんが、住民の間の暖かさと親密さは彼女の心の奥に残り、彼女が13歳のときに家族がウトロから引っ越した後も感情的な支持の岩になりました。

2021年8月、この地域は韓国への偏見を持つ男性によって2ヘクタール地域の7つの建物に穴が開いたり、被害を受けた防火攻撃の標的となりました。 今、国際人権法専門弁護士である39歳の旧氏は自分に深い衝撃を受けた。

「私にウトロは私のアイデンティティです。(ウトロの家)燃えるのを見るのは「あなたの存在は必要ありません、あなたは邪魔です」という言葉を聞くのと同じです。体に火がついたようです」

容疑者(22歳)は拘禁場所で刑務所通信に書けば、書簡を通じてウトロ住民が該当地域の不動産を「不法占拠」した事実を知らせるために犯行を犯したと明らかにした。 、過去に土地を買い入れた不動産開発業者が自分を退去させるのを防ごうとしたときに言及します。

また、攻撃当時の着工を控えていた韓人社会の歴史を伝えるために開館した宇宙平和記念館についても言及した。 その男はそれを「私が嫌いだった不要な計画」と呼んだ。

ウトロ共同体は日本の朝鮮半島植民統治に起源を置いています。 1945年、第二次世界大戦で日本の敗戦で飛行場だった戦場が中断され、戦争に参戦した朝鮮人労働者の子孫が結成した。

住民は1980年代後半から開発者と10年にわたる法廷争いを行いました。 たとえ彼らは結局敗れたが、彼らは韓国国民と共に日本と日本に居住する教胞から寄付金と韓国政​​府から公的資金を受け、ウトロ敷地にある不動産の約3分の1を2011。年前に解決しました。

防火被害者に弁護士として支援を提供しているク氏は「おそらく彼の情報源がすべてオンラインにあるだろう」と話した。 「偽ニュースなどファクトチェックされていない文を見て自分でそんな考えをして(同胞に対する)反感が生じたようです。」

日本には数十万人の韓国の背景を持つ人々が住んでいます。 彼らの先祖は、ほとんどが1910年から1945年まで、日本の植民地支配を受けた戦争前と戦争中に日本にやってきました。

水野直樹京都大学韓国近代史名誉教授は、20世紀の日本の半島掌握で、2022年2月ロシアの侵攻以来2ヶ月間観察されたウクライナ人に匹敵する規模の韓国人移住が起きたと述べた。 。

推算によると、1945年現在、200万人以上の朝鮮人が日本にあり、ほぼ200万人に達する中国東北部と旧ソ連地域に約200,000人がありました。

これは、当時の人口の約15%に相当する合計400万人の韓国人が「故郷で、さらには祖国からも離れて生きなければならなかった」ということを意味すると、水野は言いました。

ウクライナ事態を集計した国連難民高等弁務官室によると、2月24日の紛争が始まった後、4月末まで500万人以上、すなわち人口の10%以上がウクライナを去った。

日帝強占期の朝鮮人たちは様々な理由で日本に来た。 勉強や商売をしたい人もいたが、やむを得ず強制的に労働をしに来た人もいた。

彼は「彼らが日本に行くようになった動機と事情は多かったが、大きく見ると日帝の植民支配が彼らの到来にあると見なければならない」と話した。

旧教授は2017年から2019年まで、ニューヨーク大学法隊客員研究員として米国内の憎悪犯罪および憎悪発言事例を研究し、英国エセックス大学で国際人権法を研究して法学修士学位を取得した。 。

彼女は嫌悪発言で被害を受けた韓国学生のための小学校法務チーム員として働いた経験をもとに人権の研究に集中しました。

日本の外国人嫌悪団体会員は、京都の小学校の外でメガホンを通じて韓国学校の閉鎖を要求し、韓国の子供たちの両親がスパイだと主張し、悔しいスローガンを叫んだ。 学校はKuの母校でした。

事件は学校の法的勝利で終わった。 最高裁判所は、2014年外国人嫌悪団体の上告を棄却し、学校運営者に約1200万円(9万2000ドル)の損害賠償金を支払い、学校近くでデモすることを禁止するという高等裁判所の判決を確定しました。

ク氏は「憎悪犯罪事例を研究しながら、国際人権法の観点から日本法制度の不十分さを分析することが非常に必要だと感じた」と話した。

彼女自身も子供時代の言語暴力を経験した。 韓国の学校の女子学生は、韓国の伝統的な衣装を制服として身に着けているので、ターゲットになることができます。

最も恐ろしい虐待は、旧氏が中学校に向かう途中で電車に乗ろうとしたときに発生しました。 見知らぬ男が後ろからポニーテールを引っ張って「電車に乗らないで、韓国人だ」と叫んだ。

高校生の時、旧は自分が経験した差別の根本原因について考え始め、退去裁判で日本の弁護士がウトロで人々を支援したときに見せた献身を覚えて弁護士になることに決めました。

旧は日本がなぜ韓国に朝鮮族があるのか​​について大衆をもっと教育しなければならないと思います。 彼女は「偏見は知らないから来る」と話した。

READ  日本はエネルギーの懸念にもかかわらず、新しい原子力発電所に目を向けない

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close