世界

孤独と絶望の20年」重症障害児と老親のケア」から睡眠障害を患う46歳の女性がまだ笑顔の瞬間不幸を襲撃し、ワンオペアに対処| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

先天性障害を負った22歳の息子の歯磨き粉と入浴、食事などを改造している46歳の女性。 過去20年以上、夫や親など直系家族がバタバタと倒れて、そのすべての看護をワンオペアで引き受けた。 今睡眠障害や軽度のうつ病を患っているが、めげずに一日一日を生きていく女性の精神の根拠となっているのが、茨城県出身のお笑いコンビの漫才と淡水魚海水魚の飼育である – 。

写真= iStock.com / kyonntra

※写真はイメージです

育児と介護が同時期に発生する状態を「ダブルケア」と述べた。 一般的に、育児は、親がして看護親戚がするのが一般的であるが、昨今の両方の負担が1人に集中している場合が少なくない。 肉体的にも精神的にも大変なダブルケアは誰にでも起こることができる。 取材事例を通じて、これに備える方法と克服のヒントを見つけていきたい。


前編の概要
現在46歳の女性は、22歳の時に結婚した後すぐに妊娠・出産。 生まれた息子は、最重度知的障害・自閉症だった。 言葉が出ず、人とのコミュニケーションがなく暴れることもあった息子のケア日々が追われる中で、夫も親たちまで病気に倒れていく。 しかし、不幸はその後も続いた。

自閉症の息子とうつ病夫、身体の不自由な実母・義母と5人の同居生活

2020年1月。 9年前に夫を失って以来、独身生活を満喫していた89歳の義母が庭で倒れ、肩骨折。 肩にボルトを入れる手術を受けるために入院している。

生活が不便になった姑は、手術前と手術後の総半年間関東地方在住の清水陽子さん(仮名・46歳・既婚)の家で同居することになった。 4LDKの家には、最重度知的障害・自閉症の息子(22歳)とその介護を一手に引き受ける清水氏の上司によるパワハラでうつ病です休職中の夫(52歳)3人家族、また清水さんの母親(69歳・脳梗塞の後遺症で言語障害)、および義母は5人の同居生活が始まったのだ。

清水さんは、ケータリング・洗濯だけでなく、「息子は恥ずかしくお願いすることはできない」は、姑のなどを毎晩流し髪を洗うなど献身的に仕えた。

幸いなことに嫁姑仲は良く、姑は自分が入院して見舞いに来ない、お盆と正月くらいしか顔を見ていない娘(清水氏の義理の妹)を「その子はならないですね」は、不満をこぼした。母と義母もわずか20歳の年齢差があるので、一つお互い好意であった。

コロナの第1波去った7月になると姑の肩は完治自分の家に帰宅。 再び母と夫と息子4人での生活に戻って一息もつかの間、姑はうつ病を患ってしまう。 月2回、心療内科に通院が必要退職した夫が姿を見がてら行くことができるようになった。

READ  ハリウッドでは、少数の共和党の熱烈支持する芸能人 - ハリウッドダイレクトメール - 芸能コラム:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close