エンターテインメント

学校でのビデオゲームをする日本の子供の増加

日本の4年生が9年前に同じ年齢の子供よりも授業日にビデオゲームやモバイルゲームをすることが多いと保健省の調査によると。

この割合は、10歳になった2001年に生まれた子供を対象に実施した同様の調査では、2010年に生まれた子供の場合、74.8%に増加しました。

保健省は、昨年2010年に生まれた約26,000人の子供たちを対象に最近の調査を実施ヘトウミョイ中92%から回答を集めました。

回答者のうち1年生の時、1時間未満のゲームをする人が71.2%を占めた。 しかし、4年生になっての割合は48.1%に落ちた。

4年生のうち38.7%は授業日に1時間以上2時間未満、2時間以上3時間未満9.8%がゲームをすると答えた。 両方の割合はすべての子供が1年生のときに表示さ比率よりも高かった。

この調査は、多くの親がゲームのために、これらの子供たちの行動の変化を心配することがわかった。

親に子供の日常生活について気になる点を求める見たとき、複数の回答を許可した後、58%が子供がTVを見たり、ゲームをするのに長い時間を送ると答えた2001年に生まれた子供の親のうち、34.4%から大幅に増加した。 。

調査はまた、親に4年生が携帯電話を持つことができるようにするかどうかを尋ねました。

2010年生まれの子供のうち4年生の時、携帯電話は32.8%で、2001年生まれの子供の14.4%から増加した。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  矢沢永吉東京上京...ラーメン店に変身した元の岩ローラーが作成されたカップとは? (1/4) | AERA dot(アエラ点)

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close