世界

学校に関連する新たな南東部、中国Covid発症の事例倍| コロナウイルス

国内コロナ19の新規感染者の2倍以上急増 中国のの南東部福建省(福建省)、 コロナウイルス発症 予防接種を受けていない学生の間で感染の懸念を呼びました。

人口320万人のフッテージアヌシーは火曜日、シンガポールから帰国した人に関するデルタ変種事例が州全体で100人以上の発症した後、すべての居住者のための検査を命令しました。

国家衛生健康委員会(National Health Commission)は、火曜日、9月13日に59人の新しい地域の感染事例が報告されたと明らかにした。 これは、一日前の22件から増加した数値です。

北に浙江省、南に広東省と接する性からわずか4日後に102人のコミュニティの感染が報告されました。

当局は、クラスタの疑われる患者0が最近、シンガポールから帰ってき14日間の隔離を終え、最初のウイルスに対して音声テストを終えた後、症状が現れた男性と言いました。

男の12歳の息子と同級生は新学期が始まった直後の先週集団で最初に発見された患者のいずれかであった。

その後、この亜種は、教室を回りながら、8人の幼稚園児を含む36人以上の子供を感染させた市当局が火曜日に発表しました。

中国国営新華社通信によると、中国は日曜日の基準は20億回以上のコロナ19ワクチンを投与し、これ全体の人口の約70%にワクチンを完全に接種することができる量である。

しかし、ほとんどの子供たちは、予防接種を受けていない状態で残っており、最近福建省の発症が、中国で最も脆弱な人々に不均衡的に影響を与える可能性があるという恐怖を呼び起こしています。

主に江蘇省に影響を及ぼし、中国の最後の発症は、約2週間前に終了されており、東部地域では、新しい地域の事例が報告されていません。 その発症は一ヶ月間持続しました。

Putianと同様Xiamenはウイルスの危険が高い一部の地域を閉鎖して幼稚園、小学校と高校のオフラインの授業を中断して映画館、ジム、バーのような公共の場を閉鎖しており、住民に不要な理由で都市を離れるなと言いました。 。

しかし、二つの都市は、2020年初めに中国で見ることができるようにまだ都市全体のための強力な閉鎖を発表していない。

近くチュウィアン周(Quanzhou)市でも3人の新しい地域の事例が報告されており、一日前の6件の感染が発生しました。

全体的に、中国本土では、9月13日に輸入感染症を含む92人の新しいコロナウイルスの事例を見ており、これは、一日前の49名と比較されます。

中国は確認された感染に分類されていない20人の新しい潜在性コロナウイルスの事例を見ており、これは一日前の28名と比較されます。 新しい死亡者は報告されていません。

9月13日現在、中国本土の感染者は95,340人であり、累積死亡者は4,636人です。

ロイターと代理店France-Press

READ  Covid-19 Delta亜種は東南アジアを限界点に追い込んでいます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close