学校の銃撃事件はフィンランドに難しい質問を提起

Estimated read time 1 min read

画像キャプション、

バンタのある学校で銃撃事件が発生し、子供1人が死亡し、2人が重傷を負った。

首都ヘルシンキ北バンタで、12歳の子供が別の子供を殺害し、2人に負傷した銃撃事件の余波で、フィンランドの見出しは自己声察でいっぱいでした。

「どんな出来事がそのような極端な行動を起こしたのですか?」

「12歳の子供がどのように銃を捕まえることができましたか?」

「どうしても事件を止めることができたのか?」

これまで、これらの質問のうち答えがある質問はほとんどありません。

代わりに、バンタで起こった事件の恐ろしい詳細が引き続き登場しました。

少年はマスクとノイズキャンセリングヘッドフォンを着用しており、彼の行動が計画的であることを示しました。 彼は誰もがよく知っている学校の敷地内で被害者を銃で撃ち、毎日時間を過ごしました。 彼が負傷した2人の少女は、まだ病院で深刻な状態にあります。

最も衝撃的な点は、犯人が12歳だった点だ。

フィンランドではそれほど多くはありませんが、他の学校銃器乱射事件もありました。 これはフィンランドの歴史上の4番目の出来事でした。

タンペレ大学の青少年研究者であるトミ・キラコスキーは、BBCに「この場合、犯人と被害者は若すぎる」と話した。 「私たちは本当に子供たちについて話しています。そしてそれは私たちに衝撃を与えます。」

彼は容疑者が幼い年齢で犯罪の残酷さを解明することが難しかった。

警察は、水曜日の容疑者が、銃撃事件の動機を自分がいじめられたと明らかにし、初期調査でこれを確認したと明らかにした。

これは多くのフィンランドの親を心配するでしょう。 嫌がらせは根絶するのが非常に難しく、比較的広く広がっています。 研究によると、フィンランドの10〜11歳の子供の8.6%が毎週嫌がらせを受けていることがわかりました。

もちろん、いじめの被害者が他人を殺すことはほとんどありませんが、いじめは極端な暴力行為の原因の1つとして現れることがよくあります。

2007年と2008年の2回の学校総撃事件で18人が死亡した後、警察調査官は「攻撃を計画する人の意図」に関する情報を受ければ警察が介入できる「先制措置システム」が構築されていると言いました。

火曜日、フィンランド警察庁長官Seppo Kolehmainenは、システムが失敗したことを認めなければなりませんでした。

フィンランド東部大学の警察法副教授であるヘンリ・リカンデル(Henri Rikander)は、BBCとのインタビューでフィンランド警察が毎年調査する60~100件の潜在的な大量射撃事件のうち、約20件は一般的に最後の準備段階にあり、「深刻な」。

Vantaaの場合、その少年は自分の計画について誰とも話していないように見え、したがって亀裂が発生した可能性があります。

これにより、フィンランド人はそのような悲劇が再び発生しないようにする方法を心配しました。

現在の状態では、反打容疑者は起訴されず、社会福祉機関に任された。 したがって、フィンランド社会の一部では刑事責任年齢を15歳から下げなければならないと要求している。

昨年夏、フィンランド極右フィンランド党マリー・ランタネン内務長官は15歳未満青少年の「犯罪循環」を断つために年齢を下げなければならないと話した。

フィンランド党議会グループのヤニ・マケラ議長はBBCに「15歳年齢制限が意図的に利用されたと疑われる事例があった」と話した。

しかし、他の人は、そのような措置が予防効果を持つことに同意しません。

Rikander教授は、暴力事件は「公式の統制」ではなく、社会的介入によって予防されるべきだと述べた。

彼は他の人々の有害なまたは心配な行動はスポーツクラブ、学校または家のような状況でより容易に発見したが、若者の「粘り強い孤立」は心配な兆候を見逃していることを意味すると説明した。

トミ・キイラコスキーは「最も重要なのは予防措置です」と述べた。 「私が望むのは、子供と青少年の成長を支援するサービスをどのように提供できるかについての社会的議論です。」

12歳の子供がどのように銃器を手に握ったのかはまだわかっていません。 しかし、我々はそれが近親者のものであることを知っており、フィンランドでは武器を救うことは難しくありません。 広大な空き地と森林地帯があるこの国は、自らを「ハンターと銃器愛好家」の国と呼びます。

内務省によると、フィンランドには150万個以上の許可された銃器があり、約430,000人が許可を受けています。 これは、フィンランド住民560万人のうち、ほぼ8%が銃器許可を保有していることを意味します。 所有できる銃の数に制限はありません。

これまで銃器規制の強化に関する議論はほとんどなかった。 トミ・キイラコスキは、「私たちは自然に近づいていることを誇りに思っており、狩猟はその一部です」と語った。

今、少年の親戚は、リボルバー型拳銃がどのように子供の所有になったかを説明する必要があります。 フィンランドの法律によると、銃器は「銃器を簡単に盗まれないようにロックする必要があります」。 これは本当ではないようです。

銃撃事件が発生したViertola学校は、生徒に何が起こったのかを尋ねる機会を与えるために水曜日に再びオープンしました。

大多数の学生が登場しました。 ある赤十字のボランティアは、Italehtiニュースのウェブサイトで学生が話す必要があることは明らかだと述べました。 「彼らが尋ねる最も重要な質問は「なぜ?」でした。」

一人の男の子が亡くなり、二人の少女が病院に入院しているとき、フィンランド人は答えを探しています。

READ  前南アフリカ大統領ジェイコブズマが逮捕
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours