技術

学生は学校の規則に関するビデオを外国出身の簡単な日本語にします。





和歌山大学学生が2021年12月13日和歌山市にある和歌山大学付属小学校で給食をする学生たちの様子を動画で撮影している。 (毎日/木村彩)

WAKAYAMA – 和歌山大学の日本人と外国人学生グループがわかりやすい日本語を使って、外国人児童のために日本の小学校固有の用語や文化を紹介するビデオや小冊子を作りました。

日本で学校に通っている海外から来た子どもたちは、室内化を履いて、交代で給食をして、教師と保護者が公策を使うなどの慣習の違いによって迷うことが多いです。

プロジェクトの背後にある学生は、ビデオや多言語のパンフレットが、日本での学校生活に対する外国出身の子供とその家族の心配を少しでも和らげるのに役立つことを願っています。

「これは靴箱です。学生は屋外の靴から教室の靴に着替えます。」 「日本の小学校での一日」というタイトルの動画から、一シーンのナレーションが出てきます。 約6分ほどの映像は、日本語に慣れていない子どもと親のために「やさしい日本語」を使って難しい表現を省略し、登校や帰宅の流れを説明します。

日本青少年と中国、ベトナム、マレーシア留学生で構成される学生会は、日本に外国系の子どもが増えているという事実に注目し、2020年から始まったプロジェクトを通じてその子どもたちを助けました。





日本の小学校で一日を紹介する多言語のパンフレットやビデオ。

和歌山大学日本学研究センター長であり、日本語教育学教授の長友綾子(Ayako Nagatomo)が学生会を指導した。 「海外から来た子どもたちが小学校に入学すれば、なぜそうなのか気になることや事件に遭遇することが多いのです。

映像とパンフレットを制作する間、学生会のメンバーは和歌山市にある小学校を訪問し、外国から来た子供たちが直面する学校生活の多様な文化を各国の文化と比較して調べました。 グループの留学生出身です。

これらの違いの例の1つは、教師が試験紙を採点する方法です。 日本では、チェックマークは「誤解」を意味し、同じ表示は中国で「正解」を意味します。 マレーシアには学校給食制はありません。学生はお弁当を直接持ち帰るか、店舗で食べ物を購入する必要があります。

映像では「日本では正解に円を打って誤解にチェックマークを付ける」とし「給食をする学生は白いガウンと帽子をかぶっている。」 学生グループは国ごとに異なる学校規則を慎重に伝えようとしました。

また、留学生はその説明を英語、中国語、ベトナム語に翻訳し、4つの言語で29ページ分の冊子を作成しました。

和歌山大学システム工学部に在学中のマレーシア学生ムハンマド・イルパン・ダニアル(22)は、プロジェクトに関する情報を収集するために日本の小学校を訪問し、マレーシアの学校生活とあまりにも多くの違いに圧倒された。

3年生は「外国から来た子供たちがここの学校に適応できるか心配になった」と話した。

同じ大学観光学部のYu-ka Yamamoto(20)は、毎日新聞に「私たちが作った資料が子供たちの不安を少しでも和らげて日本の感じを感じさせてくれたら嬉しいです。学校が面白そうです。」

ビデオは、大学のKii-PlusプロジェクトのYouTubeチャンネルで見ることができます。 多言語小冊子は500部あり、助けが必要な子どもや親に和歌山市政府やその他の機関を通じて配布されます。 小冊子はKii-Plusプロジェクトのウェブサイトから無料でダウンロードできます。

外国出身の子供の中には、以前に外国国籍を持つ日本国籍の子どもと、親が外国国籍を持つ子どもが多い。 文部科学省の調査によると、2021年5月現在、和歌山県で日本語教育が必要な学生は55人である。

(和歌山国木村彩の日本語オリジナル)


READ  コナミ、「メモリアル」NFTオークションで、このCastlevaniaピクセルアートを26,000ドル以上で販売しました。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close