技術

宇宙ごみソリューション? レーザーと「牽引トラック」を使用して、日本企業は宇宙ゴミをターゲットにしています。

レーザービームや木材衛星から銀河系の牽引トラックサービスまで、日本のスタートアップ企業は、環境問題が増す宇宙ごみの処理方法を想像しようとしています。

使用された衛星のようなゴミ、ロケットの部品、衝突による残骸は、宇宙時代が始まって以来積み重ねられてきました。

「宇宙の持続可能性」に専念する会社であるAstroscaleの総責任者であるMiki Itoは、「私たちは多くの衛星が次々と発射される時代に入っています。宇宙はますます混雑していきます」

彼女はAFPに「このまま続けるとスペースが使えないというシミュレーションがある」と語った。 「したがって、遅すぎる前に天体環境を改善する必要があります。」

ESA(European Space Agency)は、センチメートルより大きい約100万個の破片(宇宙船を無力化するほど大きい)が地球軌道にあると推定しています。

去る1月、中国の衛星に関連するアチャ事故から昨年、国際宇宙ステーションのロボットアームにぶつかった5mmの穴に至るまで、すでに問題を起こしている。

日本航空宇宙探査局(JAXA)の山本朱先任研究員は「宇宙ごみの量がどれだけ早く増加するかを正確に予測することは難しい」と話した。

しかし、「空間の持続可能な使用に関する実質的な懸念を提起する問題です。」

衛星はGPS、ブロードバンド、銀行のデータに重要な役割を果たしているため、衝突は地球に深刻なリスクをもたらします。

タダノリ福島は、東京に拠点を置く衛星運営者であり、放送であるSKY Perfect JSATでエンジニアとして働いて問題の規模を見ました。

彼はAFPに「停止した衛星は1年に約100回の「残骸アクセス」警報を受けるだろう」と話した。

国際的な「衛星廃棄ガイドライン」には、中古衛星を「墓地軌道」に移すなどの規則が含まれていますが、破片が増えるにつれてより多くが必要であると専門家は言います。

– 「万病痛歯磨きはない」 –

福島は2018年に社内スタートアップを開始し、レーザービームを使用して宇宙ごみ表面を気化させ、物体を新たな軌道に押し出すエネルギーパルスを生成することを構想しています。

レーザーを照射することは、破片に触れる必要がないことを意味します。 破片は一般的に弾丸よりはるかに速い毎秒約7.5kmを移動すると言われています。

現在、このプロジェクトは実験的ですが、福島はいくつかの研究機関と協力して、2025年春までにこのアイデアを宇宙でテストすることを希望しています。

福島によれば、欧州と米国の一部企業とともに、日本企業がソリューション開発を主導している。

Astroscaleの宇宙「牽引トラック」を含むいくつかのプロジェクトは、磁石を使用して未使用の衛星を収集します。

伊藤は「車が故障したら牽引車を呼ぶべきだ。衛星が故障してそのままであれば残骸と衝突する危険があり、早く収集しなければならない」と説明した。

同社は昨年成功した試験を実施し、いつかは、トラクショントラックのフックに対応する「ドッキングプレート」を顧客衛星に取り付けることで後で収集できると想像しています。

ESAと契約したAstroscaleは、2024年末までに2次テストを計画しており、まもなくサービスを開始したいと考えています。

他の努力は、破片を生成しない衛星を生成し、起源から問題に近づく。

京都大学と住友林業は、ロケットに乗って軌道に入り、地球に落ちると安全に燃焼する木製衛星を構想しています。

このプロジェクトも初期段階にあります。 3月に木彫りが宇宙船にどのように反応するかをテストするために国際宇宙ステーションに送られました。

宇宙機関には独自のプログラムがあり、JAXAは3トンを超える大規模な破片に重点を置いています。

そして、国際的にアメリカを拠点とするOrbit FabやオーストラリアのNeumann Spaceを含む企業は、衛星の寿命を延ばすために軌道内給油などのアイデアを提案しました。

JAXAの山本氏は、問題が十分に複雑で、さまざまなソリューションが必要になると述べた。

READ  日本産業生産量の急増によりサプライチェーンの圧迫終了の希望

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close