理科

宇宙で最も明るい天体」クエーサー」とは? | sorae宇宙のポータルサイト

クエーサーの銀河のイラスト。 中心部にあるクエーサーでジェットが噴出している。 (Image Credit:NASA、ESA and J. Olmsted(STScI))

NASAは12月15日今日の一つとしてクエーサー(Quasar)と銀河のイラストを公開しました。 そこで今回は、宇宙で最も明るい天体の一つであるとするクエーサーについてわかりやすく解説したいと思います。

ほとんどの銀河の中心には巨大なブラックホールがある考えられています。例えば、私たちの銀河系の中心に射手座A *(いてざえスター:Sgr A *) “という超大質量ブラックホールがあります。

関連
銀河中心のブラックホール」射手座A * “直接撮影は難しいかも

この「射手座A *「太陽の質量の400万倍程度質量があるといわれています。 通常ブラックホールの質量は太陽質量の10倍程度に知られているので、銀河の中心にあるブラックホールがどのように巨大なのかよくわかりますね。

ところで、このような銀河の中心にある巨大なブラックホールの中に活発に活動していることがあります。

銀河の中心にある巨大なブラックホールの周囲のガスやホコリが吸入されるガスと塵は銀河の中心にある巨大なブラックホールの周りを回りながら円盤を形成します。この円盤を降着円盤といいます。

降着円盤から物質同士の摩擦によって多大な熱が発生するため、温度が数百万℃以上高め物質がプラズマ化します。 したがって降着円盤からのX線で可視光線、電波に至るまで、さまざまな電磁波が強烈に放射されます。

このように活発に活動している銀河の中心部分を「アクティブギャラクシーコア “といいます。クエーサーは、この活動銀河核の一種と考えることができます。

そして、この降着円盤の一部が細く絞り込まれたガス流ビームに近い速度で噴出することができます。これは“ジェット”という現象です。 イラストで銀河の中心にあるクエーサーで銀河の両側に噴出しているのがそれです。

関連
ほぼ光速に達している。超大質量ブラックホールの回転速度を測定成功
ビームの99%以上! M87のジェットの速度が「チャンドラ」の観測によって明らかに

ジェットは、銀河の進化に深く関わっていると考えられます。 ジェットによって別の原料となる銀河内のガスが吹き飛ばさ星の誕生が抑制されると考えられています。

私たちの銀河系も一時活動銀河核を持っていると言われています。 しかし、周囲のガスやほこりを吸引片付け現在のような穏やかな状態になったと言われています。

私たちの銀河系も大人になって落ち着いたわけです。

関連
光さえ脱出できないほど重力が強い天体「ブラックホール」とは?
あなたのスマートフォンで見てみよう!超大質量ブラックホールの周りの様子を360度映像で再現

画像クレジット:NASA、ESAとJ. Olmsted(STScI)
出典: NASA
文/飯銅茂幸

READ  143年ぶりに日本初、地域新発見の名前を冠した新しい水陸両用ムカデ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close