技術

宇宙旅行の後のペイロードを回復する最初の個人、日本ランチャー

日本、札幌 – ロケットスタートアップであるインターステラ・テクノロジーズ(Interstellar Technologies)は、この操作を正常に実行された最初の個人所有の日本企業になるために、ロボットペイロードを宇宙に打ち上げて、この夏、地球に落ちたときの回復を試みるです。

インターステラ創設者堀江貴文は火曜日の記者たちに「この課題は非常に意味がある」と述べた。 「私たちは、最初に開発している多くのものがあります。私たちは、確実性を保証して、正常に発売されることを願って。 “

Horieは2000年代初めLivedoorのCEOとして、日本のインターネットブームに迅速に名声を獲得しました。 後で財政不正行為で逮捕されたにもかかわらず、彼は献身的な信者と独歩的な企業家としての名声を維持しています。

Interstellarは、顧客に手頃な価格の発売のサービスを提供しようとします。 ペイロードを回復することができればサービスの範囲が拡大されます。

Interstellarはああ軌道飛行でMomo音ロケットを発射します。 ロケットが宇宙の端に到達すると、ペイロードを解除します。 ペイロードが地球に落ちて海から飛び出しインターステラがこれ回復します。

稲川孝宏CEOは「新たな可能性を開く重要な技術であり、今回のリリースで、人々が宇宙により近づくと思います。」と言いました。

インターステラ(Interstellar)は4月28日から4月28日までにクラウドファンディングを通じて500万円($ 48,200)を募金する計画だ。

北海道に拠点を置くがスタートアップ2017年に最初のMomoをリリースしました。 これまで5件の発表の中で2019年5月に正常に宇宙に到達したのは、Momo-3だけでした。

この会社は、周波数を高め発射コストを削減することを目標としており、超小型衛星を宇宙に打ち上げに設計され、ゼロロケットも開発中です。

READ  Beyond Meat、McDonaldの 'sと契約を締結、ファーストフード市場支配確保

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close