理科

宇宙望遠鏡「スピッツァー」によって別の家族の写真| sorae宇宙のポータルサイト

スピッツァーが撮影された「星の家族の写真」(Credit:NASA / JPL-Caltech)

この写真は、NASAの宇宙望遠鏡「スピッツァー「この撮影したもので、多くの星と星が生まれる源がガスと塵の塊を取ったものです。

画像の右上に輝く白い光から左に流れるように見える緑・黄色の領域は、ガスと塵のからなる雲から “星雲“と呼ばれます。実際には、より多くの雲があったが、星からの放射によって削られてしまい、この部分だけが残っています。白い光が明るい領域は重い星の光に照らされているところで、その上に方は、この星をを含む別の集団(星団)が広がっています。 画像の色は、実際に目に見える光の色ではなく、スピッツァーが観測赤外線の波長に応じて青緑オレンジレッドの4色を擬似的につけたものです。 白は、これらの4つの色が組み合わされた結果であり、その周辺では、星、放射線によって加熱された汚れが赤い光を放っています。

この画像は、誕生したばかりの星と古い星が1枚に収められており、 “別の家族の写真“とも呼ばれています。それぞれの場所でどのようなスターがいるかどうか調べてみましょう。

スピッツァーが撮影された

スピッツァーが撮影された「ケフェウスC」「ケフェウスB」という領域の画像(最初のと同じ)に表示をしたもの。 スピッツァーの観測装置「IRAC」(Infrared Array Camera)と「MIPS」(Multiband Imaging Photometer)データを一緒に表現されています。 (Credit:NASA / JPL-Caltech)

画像の左」ケフェウスC「(Cepheus C)と呼ばれる領域は、多少暗くなっていますが、よく見ると黒のフィラメント状の構造が、その中に赤と黄色の点で星が輝いていることがわかります。この星は生まれた “赤ちゃん星“です。この領域は、ガスやホコリが特に暗い場所で星が誕生する現場があります。星が古くなってくるよう星で吹き出す物質が強い「風」になり、ここに見える黒い物質が集まっている所は、すべての散在しまうことです。そして、その場面を見せてくれていることは事実右上側に赤と白で明るく領域です。

また、ケフェウスCは、その名の通り、「ケフェウス座」という星座の方向にあります。ケフェウス座は北の空に見える星座 “カシオペヤ座」の近くにある星座です。ケフェウスCの長さは約6光年右上の明るい領域から約40光年の距離にあります。

画像の右側を見てみると、大きな星雲の “ケフェウスB「(Cepheus B)と呼ばれる領域が見えます。ここにも星団が太陽から2000〜3000光年の距離に位置しています。スピッツァーの観測データを用いた研究によると、これらの星が誕生してから約400〜500万年ほど経過して、ケフェウスCの星団より少し老けているのです。

このように、ケフェウスCの星は生まれたばかりの赤ちゃん星右上の明るい部分は、ガスやホコリを吹き飛ばすいる “成人の星“そして最後に、ガスやホコリが散在た後ケフェウスBにあるように星が宇宙に一人で輝く”古い星“となって、星の「家族」が1枚に込められたようになっているということです。

さて、この写真で注目すべき点は、これだけではありません。
中央やや左にある「V374 Ceph」という部分を見ると、赤い砂時計の形をしています。天文学者は、この領域の中心の重い星のまわりの暗いほこりのような物質で作られたプレートを横から見ているのかもしれないと考えています。別の左右は暗い三角円錐形が見えますが、この円盤の影に示しているということです。一方、右側にある「ランナウェイスター「指名された星の周りには赤い号のような構造が見えます。これは、星がガスと塵の中を猛スピードでいくことができた」バウショック」という衝撃波です。また、右下の “若い星雲「新たに誕生した小さな星団の周りのガスとほこりを明るく照らしています。この領域には、スピッツァーの観測機器「IRAC “データだけを使用したイメージ(下)側に水しぶきのような姿でよく見ることができます。

スピッツァーの観測装置「IRAC」による画像。Credit:NASA / JPL-Caltech

今回の写真は、スピッツァーの観測装置「IRAC」(Infrared Array Camera)と「MIPS」(Multiband Imaging Photometer)によって取得されたものです。 赤外線を観測するには、熱を妨害するため、液体ヘリウムを使用した冷却水によって冷やされている期間が観測は変わりました。 観測波長と画像の色は、それぞれの先頭の画像がIRACによると、3.6マイクロメートル(青)、4.5マイクロメートル(シアン)8マイクロメートル(緑)、およびMIPSによると、24マイクロメートル(赤)、IRACのみ画像が3.6マイクロメートルは青、4.5マイクロメートルは緑、5.8マイクロメートルはオレンジ、8.0マイクロメートルは赤になっています。

また、NASAのジェット推進研究所(JPL)は、このイメージの注目ポイントをたどっていく2分程度の動画を公開しています。 こちらもぜひご覧ください。

画像クレジット:NASA / JPL-Caltech
出典:
NASA/JPL-カルテック
文/北越康敬

READ  この世界は非科学的な存在を科学的に証明しようとしてきた過去の偉大な科学者| ニコニコニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close