理科

宇宙望遠鏡の観測データから描か「オリオンの谷」への旅行| sorae宇宙のポータルサイト

ハッブル宇宙望遠鏡スピッツァー二つの宇宙望遠鏡によるオリオン星雲観測データをもとに星雲の中心部にある「台形星団」という散開星団までの3次元的に近付く動画がNASAのジェット推進研究所(JPL)で公開されています。 観測対象となっている地球から約1500光年 “星の揺りかご」とも言うべきオリオン星雲の星形成領域です。動画はハッブル宇宙望遠鏡による可視光の観測データスピッツァーによる赤外線の観測データを使用して作られており、アメリカの宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)でデータを動画で可視化をリードしてきた科学のFrank Summers氏は「星雲の中を3次元的に飛行して、宇宙がどのようにされているかどうかを感覚的に継続よくキャッチすることができます」と説明してています。

動画では、まず、オリオンの3つ星の下に見えるオリオン星雲に近づいていきます。 オリオン星雲は非常に明るく、肉眼でもぼんやりその姿を見ることができます。 オリオン星雲は形成されてからまだ200万年程度にしかならず、若い星山誕生しようとしている星を研究する理想的な「実験室」です。 そこにハッブル宇宙望遠鏡による可視光の観測データとスピッツァーによる赤外線の観測データを積んで「オリオンの谷」に入っていきます。

ハッブルのスピッツァーによるオリオン星雲の画像。 Credit:NASA、JPL

ハッブル宇宙望遠鏡がとる温度で、数千もの物質から出る光を捕捉がスピッツァーは、数百もの周囲に感度を持っており、ほこりに埋もれている星と比較的軽い星からの光を捕捉することができます。 これらのデータをもとに制作された3次元モデルの画像は、実際に「現地」で見たわけではないといって、非常に印象的です。 星雲の中心部を抜けていくと、そこには新たに生まれた星とすぐに星が誕生しようとしている現場である原始惑星系円盤も見えます。 これらの周囲では、水素分子やホコリが入り混じった雲が重い星からの強力な紫外線放射と恒星風に切り崩されたように、共同を作成し、この谷のようになります。

ハッブルとスピッツァーの観測データを基に製作された「オリオンの谷」の3次元モデル。Credit:NASA、JPL

これらの可視化は、天文学の新たな成果の一つであるとすることができます。 だから何が起こっているかどうかを正確に理解するためには、理論や数式が必要で、この動画を作成するために数千万ものガス成分などを扱う特別なプログラムが作られていますが、3次元動画は直感を得るのに役立ちます。 また、多波長の観測による天文学がどのように行われているのか、なぜいくつかの波長で観測するのかを理解するのにも役立つ専門家ではない人にも便利なものになるでしょう。 「現地」で見たことはないと書きましたが、赤外線は人間の目には見えないので、逆に近くまで行くもこの映像を見ることができません。 天文学と可視化技術提携で生まれた迫力ある映像をぜひご覧ください。

可視化クレジット:NASA、ESA、F. Summers、G. Bacon、Z. Levay、J. DePasquale、L. Frattare、M. Robberto、M. Gennaro(STScI)とR. Hurt(Caltech / IPAC)
出典: NASAJPL
文/北越康敬

READ  太古の火星の水はなぜ失われたのか?砂嵐と関連があった可能性が浮上| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close