理科

宇宙船か蝶ですか? 物議を醸す新しいUFOセンター

福島――中央政府は関連当局が「認証」した日本の飛行皿の写真やビデオについて口を閉じています。

磯崎吉彦官房長官は6月27日、記者会見で「結果を知っているが、コメントを拒否する」と話した。

日本の福島に本部を置く国際UFO研究所のウェブサイトには2日前、日本の空に浮かぶ神秘的な物体の写真2枚と動画2枚が上がってきた。

この写真は、エイリアンが日本を訪問したという疑惑を呼び起こした。

しかし、同じイメージも懐疑論者を呼び起こした。 多くの人は、未確認の飛行物体の1つがおそらく焦点が合っていない蝶であると言います。

国際UFO研究所は、2021年6月、福島市井の町地区にあるUFOふれあい館博物館内に設立されました。

コミュニティの宣伝を目的としたこのセンターは、世界中のUFOの目撃に関する情報を収集、分析、公開しています。

研究所は、独自の基準に基づいてUFO目撃の真偽を判断します。 それは画像と画像の鮮明さと神秘的なオブジェクトが科学的または自然現象として説明できるかどうかを確認します。

過去1年間、日本全域と海外で452件の報告を受けました。

研究室は、149件のケースで画像や動画が変更されていないことを確認しました。

決めた 非常に高い確率 ウェブサイトに登場した2枚の写真と2枚のビデオクリップがUFOを見せたということだ。

左の写真は2021年8月、福島で撮影されたもので、UFO目撃で報道された。 (国際UFO研究所提供)。 視聴者は、その物体が逆さまの巨大なモルモン蝶であると疑う。 (提供:足立生物公園)

写真の一つは、2021年8月小学校1年生の学生が研究室周辺で撮ったものだ。

写真は、円錐形の山であるセンガンモリから広がる円盤状の物体を示しています。 以前、この地域で多くのUFOの目撃が報告されていました。

写真を見た一部のネットユーザーは、オンラインで物体が虎蝶である可能性があると述べた。

東京にある足立生物公園の蝶担当職員であるKarin Shigemuraは、「巨大なモルモン教(蝶)の形が逆さまになっているように見えます」と話しました。

虎蝶科に属する大きな蝶は翼の長さが約12センチメートルで、雄は翼が黒色です。

沖縄県や九州地方をはじめとする日本南部に主に生息する。

しかし、その範囲は近年北に拡大し、一部は福島県で発見されたとしげ村氏は語った。

しかし、彼女は2018年9月に撮った2枚目の写真に見える黒い物体で蝶を事実上排除した。

写真は富山県立山市の標高約2,450mの山で撮影されました。

重村氏は「こんなに高い山地に住んでいるこのような蝶は想像もできない」と話した。

月刊オカルト誌Muの編集長であり研究所所長でもある三上武春は、6月25日の記者会見で、写真やクリップの物体はレンズ内部に反射した光による「幽霊」ではないと述べた。 カメラ。

彼はまた、これらのイメージに飛行機やヘリコプターの点滅する光がないと話して真偽を強調した。

2020年9月、当時の防衛賞だった河野太郎は、日本の防衛と安全保障に影響を与える可能性のある識別できない空中オブジェクトに遭遇した場合、自衛隊に報告、記録、およびその他の必要な措置を講じるよう命じました。

磯崎は6月27日、記者会見で公開すべき特別な事例がないと述べた。

続いて「未識別空中物体に対しては引き続き対応していくだろう」と話した。

Iinomachi地域をUFOのハブとして宣伝するために設立された住民グループの一員であるRyuichi Asoは、次のように述べています。 私たちはより多くの目撃を受け、より真実でコミュニティに活力を与えることができることを願っています。」

READ  新型コロナウイルスの飛沫防止用シートに関する火災予防に注意| OVO [オーヴォ]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close