宇宙飛行士若田光一:民間部門が宇宙発展を推進しています。 今後の日本の役割は何ですか?

1 min read
Axiom Space, Inc. 提供
宇宙飛行士Koichi WakataはアメリカのAxiom Space, Inc.に雇われました。

ワシントン – 宇宙飛行士若田光一は、読売新聞とのオンラインインタビューで、国が月探査に集中するにつれて、低地球軌道での活動は民間部門によって主導されると述べた。 若田首相は民間部門の育成にも力を入れ、有人宇宙活動の発展に貢献したいと明らかにしました。

***

60歳の若田は去る3月、日本航空宇宙探査局(JAXA)から退任し、来月米国宇宙会社アクシオムスペース(Axiom Space, Inc.)に入社した。

***

民間企業の成功

-読売新聞:次の段階で民間企業を選んだのはなぜですか?

若田光一:宇宙飛行士として働き、行政やその他様々な活動をしました。 [at JAXA] 長年にわたり、引退後に蓄積した経験を最大限に活用する方法を見つけようとしました。

日本と米国政府は去る4月に送ることに合意した。 [two] アメリカが主導するアルテミスの月探査プログラムの一環として、日本の宇宙飛行士が月面に着陸した。 国は、月から遠く離れた火星を探索することに集中するでしょう。 一方、日本、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ諸国、カナダが共同で運営する国際宇宙ステーションは、2030年に運営を中止する予定です。

Axiomは、NASAとモジュール施設をISSに接続する契約を締結しました。 該当モジュールは2026年発売予定だ。 [the facility] 自分の宇宙ステーション [after separating it from the ISS]。

今後のポストISS時代には、低軌道活動は民間セクターが主導し、これらの成功はすべての有人宇宙活動の鍵となります。 私は、大手宇宙企業であるAxiomに参加し、民間セクターを支援することで、有人宇宙活動の持続可能な発展に貢献できるという結論に達しました。

– 読売:Axiomでどのような責任を負っていますか?

若田:私は宇宙飛行士であり、アジア太平洋地域の最高技術責任者として働いています。 私はCTOとして、顧客の確保や資金調達など、宇宙飛行や宇宙実験に関わる地域の広範な運営を担当しています。

また、宇宙飛行士の観点から、Axiomの宇宙ステーションの開発についてエンジニアと通信します。 私はJAXA宇宙飛行士としてISS建設に参加し、Axiomでも同じことをしています。

NASAが月の活動のために依頼した宇宙服の開発にも参加しており、時々テストの時も着る。 この衣装は日本の宇宙飛行士が着用する可能性が高いため、日本の今後の月探査とある程度関連があります。

– 読売:5回の宇宙飛行を完了したが、これは日本宇宙飛行士の記録だ。 もっと飛びたいですか?

若田:Axiomには3人の宇宙飛行士があり、そのうち2人はNASAで働いた人であり、自分もいます。 残りの2人の宇宙飛行士は、ISSに対する個人的な宇宙ミッションの司令官として働いていました。 私は指揮官としても働くために宇宙飛行士としての資格を維持し、向上させるために一生懸命努力してきました。

私はいつも活動的な人になるという目標を持っていました。 [astronaut] 一生の間、それは変わりませんでした。 機会になるたびに宇宙に何度も行ってみたいです。

日本の役割

– 読売:2014年にISS司令官だったとき、ロシアがウクライナ南部のクリミアを占領して合併した後、アメリカとロシアの緊張が高まりました。

若田:当時私はISSに一緒にいました。 [two] アメリカ宇宙飛行士と [three] ロシアの宇宙飛行士。 私たちはニュースを通して地球で何が起こっているのかを知っていました。 私たちは、地球上に存在しない唯一の人間だとお互いに言いました。 ISSでの作業を通じて、人類の活動領域を拡大するために私たちがしていることは非常に重要でした。 私たち全員がその理解を共有しました。

日本の「わのこころ」の精神でチームを一つに集めたかったです。 [harmony]。 私は日中指揮官としてとても忙しかったのですが、ロシアやアメリカのダイニングテーブルに参加し、彼らと一緒に夕食を食べました。 週末にはみんなで集まって食事をしようと努力しました。

たくさんあることが分かります。 [difficult] 今日の地政学的状況もそうです。 アメリカのクルードラゴン商用宇宙船に乗ってISSに飛んだとき [two] アメリカ宇宙飛行士と [a] 2022年10月、ロシアの宇宙飛行士となり、宇宙飛行士ができる最善のことは、互いに協力してISSで成果を上げるという考えをもう一度考えて任務に入った。

-読売:1992年宇宙飛行士候補に選ばれて以来どんな変化がありましたか?

若田:森守がアメリカの往復船に乗って宇宙に出たのは、森守が日本初の宇宙飛行士になった年でした。 それ以来、私は日本が世界の信頼できるパートナーになったと感じました。

日本はKiboラボモジュールの開発とISSの無人貨物輸送車両Kounotoriの開発と運営を担当しました。 難しい道でしたが、日本は世界各国の期待に応えてきました。

私は科学技術の発展を続けて発展させることを目指す国として、日本が育ててきた技術と人材を活用して世界の有人宇宙活動に貢献することが日本の役割だと信じています。

誘引活動の意義

– 読売:有人宇宙活動はあなたにとってどういう意味ですか?

若田:私は30年間私自身にその質問を投げてきました。 私は宇宙活動が人類を豊かにすることに大きく貢献すると信じています。

宇宙での研究やその他の活動を通じて得た新しい知識は、地球上の生活を豊かにします。 また、私たちの活動範囲を地球を超えて拡大し、そのために技術を整えることも、人類の長期的な生存のための危機管理の一環であると信じています。

海外に住む日本人がお互いに助け合い、より密接につながるように、私たちが故郷から離れるほど、私たちの部族の結束力はより強くなると思います。 私はISSで同僚と一緒に時間を過ごすことでこれを信じました。 月と火星の有人探査が本格化すれば、私たちの一体感がさらに強くなることを願っています。

***

公理スペースの紹介

Axiom Space, Inc.は2016年に設立されたスタートアップ会社です。 NASAのISSプログラムマネージャーであるMichael Suffrediniが、約900人の従業員を持つヒューストンに本社を置く会社のCEOを務めています。 2022年4月、同社は最初に民間主導でISSまで宇宙飛行を実施しました。 日本の三井&株式会社は、同社の投資家の一人です。

READ  生涯「アルコール依存症」を経験することは推計100万人!しかし、治療しが多い?|ガジェット通信GetNews
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours