宇野はグランプリファイナル進出のために日本で新しい番組を披露する予定です。

Estimated read time 1 min read

2度の世界チャンピオンを占めた宇野翔馬(Shoma Uno)は、フィギュアスケートグランプリファイナル出場権をめぐって競争しながら、NHKトロフィーで彼の新しいプログラムを披露する予定です。

これで、元世界チャンピオンのStephane Lambielの指導を受けたUnoは、今シーズンの大阪で発表される2つの新しいプログラムを公開しました。

宇野は日本放送のNHKとのインタビューで「新しい番組を通じてアイススケートが単純なジャンプ以上のものであることを見せたい」と話した。 「私はスピンやその他の詳細にもっと注意を払うよう努めてきました。」

うの、 今月初めのカップオブチャイナ準優勝彼は過去2年間に優勝した国際スケート連盟(International Skating Union)シリーズの6番目のグランプリである彼のホームグランプリで優勝候補に出発する予定だ。

ここで3年連続タイトルを獲得すると、12月7日から10日まで北京で開かれるグランプリファイナルに出場する資格が与えられ、各種目の上位6人のスケーターが競争します。

フランスのAdam Siao Him Fa、アメリカのIlia Malinin、日本のKao Miuraがすでに北京出場資格を取得しています。

マリニンはシーズン開幕式スケートアメリカで4つのクワッドを成功させて優勝し、グランプリ・ド・フランスではSiao Him Faに次いで2位を獲得し、GP決勝進出権を確保しました。

また、2022年のオリンピック銀メダリスト日本の枝山ゆま(Yuma Kagiyama)も北京出場資格を得るために大阪に参加します。

昨シーズンのほとんどの負傷で結長した柏山は決勝戦進出権を確保するには1位や2位をしなければならないようです。

世界銀メダリスト韓国の理解人が女性部門の見出しを飾っています。 彼女はフランスグランプリで4位を獲得し、決勝進出のためには大阪で優勝しなければなりません。

フランスで銀メダルを獲得したベルギーのNina Pinzarrone、ジョージアのヨーロッパチャンピオンのAnastasia Gubanova、日本のWakaba Higuchiが競争しなければなりません。

二度、世界チャンピオンに上がった日本の坂本香織、アメリカのイザボ・レヴィト、ベルギーのロエナ・ヘンドリックスがすでに北京出場資格を得ている。

16歳のLevitoはスケートアメリカで準優勝し、フランスでは優勝を獲得しました。

伝統的に世界大会を支配してきたロシアの女性スケーターは、ロシアのウクライナ侵攻によるISUの禁止措置のために参加しません。

2021年、ロシアのスケーターが最後にグランプリシリーズに出場する資格を得たとき、彼らはコロナ19によって北京で開かれたGP決勝戦がキャンセルされるまで上位6選予選のうち5選を占めました。

対になって大阪で競争する4つのチームは北京で席を確保する機会を持つようになります。

その中には先週グランプリエスポで優勝したドイツのミネルバ・ファビエン・ハッセとニキタ・ボロディン、ヨーロッパの銀メダリスト・レベッカ・ギラールディとイタリアのフィリポ・アンブロッシーニも含まれた。

アメリカ人のチェルシー・リウとバラーズ・ナジーが決勝戦に成功しました。 彼らはスケートアメリカで銅メダルを獲得し、今シーズンに彼らより先のあるチームを上回る必要があります。

アイスダンスでは、世界の銀メダリストであるイタリアのシャルリン・ギナード(Charlene Guinard)とマルコ・ファブリ(Marco Fabbri)、ヨーロッパの銀メダリストであるイギリスのライラ・ピア(Lilah Fear)とルイス・ギブソン(Lewis Gibson)が最後の2つのグランプリファイナル進出権確保のため大阪に来る。

___

APスポーツ: https://apnews.com/sports

READ  貿易ブロックの魔法使いの八村、報告によると
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours