宇野翔馬、羽生ゆずると日本選手権大会6勝達成

Estimated read time 1 min read

SportsLookで全記事を読む – 宇野翔馬、羽生ゆず、日本選手権で6回目の優勝

2回世界チャンピオンの宇野翔馬(Shoma Uno)は、12月23日土曜日の夜、長野ビッグハットアイスアリーナで行われた日本選手権大会フリースケートで決定的な演技を繰り広げ、自身の6番目の国内タイトルを獲得しました。

26歳の宇野は、自分の前で氷板を占めた2人のスケーターである柳山由依(Yuma Kagiyama)と山本沙太(Sota Yamamoto)の幻想的な努力に支えられ、その場に上がりました。

宇野の優勝総点は298.04点で292.10点で2位の茅山(Kagiyama)を相手に余裕の勝利を収めた。 山本は287.00で3位を占めました。

その結果、宇野は日本選手権大会で6番目の王冠を獲得しました。

世界ジュニアチャンピオンの三浦カオ(Kao Miura)は280.08点で4位になった。 佐藤俊 273.04で5位になりました。

広告


日本選手権
日本選手権男子優勝者の宇野翔馬(真ん中)、準優勝茅山ユマ(左)、3位の山本沙太が長野で行われた試合後、メダルを展示している。 (刑務所)

Unoはショートプログラムの後、10点をリードし、そのおかげで、彼は今夜素晴らしいフリースケートを披露したKagiyamaの途方もない突進を防ぐのに役立ちました。

Unoは何か頑丈なものを作らなければならないことを知り、氷板の上でいつものようにスケートに乗って「Timelapse」と「Spiegel im Spiegel」に合わせてその仕事をしてきました。

宇野の最初のジャンプ、クワドラプルループは少し揺れて、クォーターの回転が不足していると判断しましたが、2つのきれいなクワッドと3つのトリプルを着地しながら、彼のルーチンはそこから流れ始めました。

日本選手権
宇野翔馬(KYODO)

宇野、印象的なスキルとプレゼンテーションで日本選手権を獲得

名古屋出身の彼は、彼のスケートスキルとプレゼンテーションが彼を再び表彰台の頂上に登るのを助け、すべてのスピンとステップシーケンスでレベル4を獲得しました。

宇野は「今日みんなが素敵な試合を繰り広げたが、私が優勝できて本当に嬉しい」と話した。 「それでも他人に比べて私の成績が足りなかったようです。ショートプログラム、フリースケートなど私の体調にぴったりの試合だったと思います。」

Unoはしばらく時間をかけて自分が6つのタイトルを獲得するようになった過程を振り返りました。

宇野は「振り返ってみると、どれくらい長い時間が流れたのか、骨が折れるように感じている。日本選手権大会に出場した状況も多かった」と話した。 「最後の数年間、ついに地面に足を踏み入れて競争できるようになったと思います」

広告


SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 彼の作家のページからX(以前のTwitter)で彼を見つけてください。 @sportsjapan

READ  華やかなスパでライブ二輪アクションの饗宴をプレゼントするEWC - FIM EWC
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours