宇野翔馬(Shoma Uno)、派手なキャリアを積んだ後大会で引退

Estimated read time 1 min read

2回世界チャンピオンであり、3回オリンピックメダリストの宇野翔馬は、5月9日木曜日のインスタグラムを通じて引退を宣言しました。

宇野は「今回の現役選手引退を決定することになった」と書いた。 「今日まで競争相手として私を支えてくださった皆さんに感謝の言葉を伝えたいです」

26歳の宇野は氷板の上での素敵な走りに感謝した。

彼は「5歳の時にスケートに触れ、21年間スケートを続けて、素敵な競争生活をすることができて本当にありがとう」と書いた。

名古屋出身の彼は5月14日火曜日に引退記者会見を持つだろうと付け加えました。

宇野の引退はまったく驚くべきことではない。 3月、モントリオールで開かれた世界選手権大会で失望した4位を占めた後、彼は次のシーズンに出場するかまだ決めていないと明らかにしました。

宇野は過去数回のキャンペーンで怪我をして、アメリカの世界チャンピオンのイリア・マリニン、同胞である柏柳山、香尾美浦、Sun Sato、そしてフランスの若いスケーターと一緒に怪我をしました。 アダムシアオパワー 今退く時になったことを知らせた。

2026年イタリア冬季オリンピックまでほぼ2年が残った状況で、Unoはそれがあまりにも遠くなることを認識し、これが彼の決定に間違いなく貢献しました。

第2回世界チャンピオン宇野翔馬(©SANKEI)

宇野翔馬キャリアハイライト

伝説的な羽生ゆずるの日陰で選手生活の大部分を遂行した宇野は2022年と2023年に世界タイトルを獲得し、2018年平昌オリンピック(銀メダル)と2022年北京オリンピック(絶食銅メダル、団体戦銀メダル)でオリンピックメダルを獲得しました。 。 2017年から始まった過去7回の世界選手権大会で、Unoは全4位以上を記録しました。

Unoは6回日本チャンピオンであり、グランプリファイナル(合計6つのメダル獲得)と4大陸で優勝しました。 彼はまた、2015年の世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会のようなシーズンジュニアGP決勝戦でも金メダリストでした。

関連:

著者:ジャックギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界最高のフィギュアスケート専門家の一人です。 Jackの記事とポッドキャストを探す 彼の作家のページからX(以前のTwitter)で彼を見つけてください。 @sportsjapan

READ  日本テニス西コリ、ウエスト負傷で2021シーズン終了
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours