安倍兄妹、日本グランドスラムメダル1位で金メダル獲得

Estimated read time 1 min read

オリンピックチャンピオンの姉妹の宇多と安倍ヒフミが日曜日に誘導された東京グランドスラムで日本のゴールドラッシュを率いた。

開催国は2日間のトーナメントの最後の日に5つの金メダルを追加し、津野田夏美、長山龍州、高一美久も東京体育館で表彰台に上がりました。

23歳のUtaは、女子52kg級決勝戦でアシワザフット技術を使用してフランスのAstride Gnetoを一枚倒すのにわずか1分しかかかりませんでした。

日本の阿部宇太(左)が2023年12月3日、東京体育館で開かれた柔道東京グランドスラム女子52kg級決勝戦でフランスのアストライドグネットを破った後反応している。 (刑務所通信)

兄ヒプミ(26歳)は男子66kg級決勝でモンゴルのバスク・ヨンドン・ペレンレイ(Baskhuu Yondonperenlei)を71秒で倒し、試合で勝利を収め、速いスピードで決勝を通過した。

両兄妹はすでに日本代表チーム選抜権を確保しただけに、来年夏パリで行われるオリンピックチャンピオンとして連続優勝を目指しています。

日本の安倍ヒフミ(左)が2023年12月3日、東京体育館で開かれた柔道東京グランドスラム男子66kg級決勝戦でモンゴルのバスクヨンドンフェレンレイと競技を繰り広げている。 (刑務所)

ウタは「パリオリンピック舞台でもう一度優勝できるように必要なすべてをしたい」と話した。 「まだ満足できません。もっと強くなりたい、2連続優勝をぜひ達成したいです」

オリンピック出場も予定されている津野田は女子48kg級で無慈悲に優勝した。 彼女は試合で4回の試合をすべて勝ち、決勝戦でスペインのユリア・フィゲロア(Julia Figueroa)を提出するのにわずか26秒かかりました。

激しい競争を繰り広げる男子60kg級の試合で、長山は東京オリンピック金メダリストの高藤直久を相手に試合を勝ち取り、パリに向けた大きな一歩を踏み出しました。

高戸がカット処理を受けることができるように決勝戦はゴールデンスコア開始と同時に中断された。 オリンピックチャンピオンは顔に包帯をひどく巻いたまま試合を再開したが、長山が勝利を収めるまで23秒しかかからなかった。

もう一つの日本代表決勝戦で高一は、ワザアリで山口きらりを倒して女子63kg級優勝を獲得しました。


関連プレス:

柔道:オリンピック出場を目指す村尾三四郎、日本の東京グランドスラム金メダル獲得

柔道:安倍兄弟が東京グランドスラムで日本代表チームの見出しを飾りました。

柔道:橋本総一、ハンガリーマスターズ男子73kg級金メダル


READ  西日本と東日本を中心猛烈な暑さ続き台風9号沖縄地方に接近 - NHK NEWS WEB
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours