経済

安倍晋三殺人容疑者山上「母性宗教で人生を台無しにした」

安倍晋三元日本首相が自家製銃で恥ずかしく暗殺された事件は世間の注目を集める政治的暴力に慣れていない国を衝撃に陥った。

しかし、議論の余地がある統一教への母親の莫大な寄付で、彼を貧しく、無視され、怒りでいっぱいになるまでよく住んでいた暗殺容疑の詳細が明らかになり、殺人以来数週間にまた別の驚きがありました。

一部の日本人は、41歳の容疑者、特に30年間の経済的不安と社会的混乱の間に、自分の苦痛に関連した認めの苦痛を感じることができる同様の同年代の容疑者について理解と同情を表明しました。

山上哲也の拘置所と疑われる彼を励ますためにケアパッケージを送らなければならないというソーシャルメディアの提案がありました。 そして、7,000人を超える人々が、山上が日本で最も強力で分裂的な政治家の一人である安倍を統一教として広く知られている無名の宗教団体との絆で殺害したと警察に述べた山上に対する検察の寛大さを要請する請願に署名しました。

専門家たちは、この事件が虐待と放置に直面している他の何千人もの教会の神々の子供たちの問題を明らかにしたと言います。

彼が犯罪を犯したと主張しなかったら、山上さんは多くの同情を受ける資格があったはずです。 リッショウ大学の心理学教授であり、カルト研究の専門家である西木真宏氏は、両親の信仰のために苦しんでいる他の人もたくさんいると述べた。

また、議論と一連の法的紛争にもかかわらず、教会と親密な関係を維持してきた日本与党に深刻な政治的影響を及ぼした。

岸田文夫首相の人気は殺害後に急落し、彼は宗教団体に関わるメンバーを粛清するために内閣を混乱させた。 木曜日、警察庁長は安倍の暗殺に対する責任を負うために辞表を提出した。

11月末まで精神評価のため拘禁されている山上氏は、1954年に韓国に設立され、1980年代から邪悪な募集慣行と洗脳容疑に直面している統一教について、以前にソーシャルメディアを通じて憎しみを表明しました。 途方もない寄付をする支持者たち。

AP通信が見た手紙と自分のものとされるツイートで、山上は母親の莫大な寄付により、自分の家族と人生が教会によって破壊されたと話した。 警察は、山上の1部屋のアパートで押収したコンピュータで、山上の手紙草案が発見されたことを確認した。

母が教会に入った後(1990年代)、私の十代の頃はほぼ1億円($735,000)を無駄にしたまま打者の手紙に書きました。 安倍首相は7月8日、日本西日本の国で選挙遊勢演説をしているうちに安倍を暗殺した。 その間の経験が一生を歪曲すると言っても過言ではない。

山上は、容疑者の祖父が設立した会社の幹部である彼の父が自ら命を絶ったとき、4歳でした。 彼の母親は統一教会に加わった後、大きな寄付を始めて家族を破産させ、山上の大学進学希望を破産しました。 彼の兄は後で自殺した。 3年間の海軍服務後、山上は最近、工場労働者になりました。

山上の叔父は、メディアインタビューで、山口の母親が教会に入ってから数ヶ月で6000万円(44万ドル)を寄付したと述べた。 彼女の父親が1990年代後半に戻ったとき、彼女は4000万円($ 293,000)相当の会社資産を売却し、2002年に家族を倒産しました。 おじさんは、母親が山上の子供たちに食べ物や授業料を与えるのをやめるべきだと言いました。 子供ではなく教会。

山上が2005年に自殺を試みたとき、彼の母親は教会が建てられた韓国に旅行に行って帰ってこなかったと彼の叔父は言った。

山上の母は息子の犯罪の疑いで教会に迷惑をかけた点について検察に謝罪したと伝えた。 彼の叔父は彼女が荒廃したように見えたが、それでも教会の信徒だと言った。 当局と地域弁護士協会はコメントを拒否した。 Yamagami、彼の母親、彼の叔父、弁護士と連絡を取るための反復的な試みは失敗しました。

2019年10月からサイレントヒル333という名前でツイートをあげたと広く知られている山上は、教会と彼の病気の過去、政治的問題について書いた。

2019年12月、彼は彼の祖父が家族の問題について山上の母親を非難し、さらに彼女を殺そうとしたとツイートしました。 「最も絶望的なのは、おじいちゃんが正しかったということですが、私は母を信じたかったのです。」

山上の事例が大きな衝撃を受けた理由の一つは、彼が日本のメディアで低賃金契約職に閉じ込められた失われた世代と呼ぶメンバーだからです。 彼は1980年代にバブル経済が崩壊した後、雇用氷河である1999年に高校を卒業しました。

日本は世界3位の経済大国であるにもかかわらず、30年間の経済的混乱と社会的不平等に直面しており、この時期に成長した多くの人々は未婚で不安定な職業と孤立感と不安にとらわれています。

2008年の東京秋葉原電子商店街での大量虐殺や、2016年の京都アニメーションに対する致命的な防火攻撃など、近年世間の注目を集める犯罪には、家族と職場履歴が問題である行方不明世代攻撃者が関与したと報告されています。

山上さんの事件は統一教の信者の子どもたちにも光を放ちました。 専門家は、政府と学校の管理者が宗教の自由への干渉に抵抗する傾向があるため、多くの人が無視され、ほとんど役に立たないと言います。

新潟清涼大学の社会心理学教授であり、カルトの専門家であるMafumi Usuiは、私たちの社会が過去数十年にわたって問題にもっと関心を寄せていたら、(山上の)攻撃を防ぐことができたと言いました。

強制的に教会に加入したと言う2歳の信者を法的に保護してほしいという請願に5万5000人以上が参加した。

安倍首相は2021年9月、映像メッセージで朝鮮半島平和のための教会の努力と家族価値に重点を置いた教会を賞賛した。 心理学の教授である西田は、彼のビデオ出演がヤマガミに動機を与えた可能性があると述べた。

ヤマガミは警察に彼が2012年の文大統領の死後、教会を率いる教会創設者の妻の韓学者を殺害する計画だったが、感染症期間中に彼女が日本を訪問する可能性が低く目標を変えたと警察に述べたことが分かった。

苦いですが、安倍は私の本当の敵ではありません。 彼は統一教会の最も影響力のある仲間の一人に過ぎないと山上は彼の手紙で書いた。 私はすでに政治的意味や安倍の死がもたらす結果について考える精神的な余裕を失いました。

この事件は1964年に日本に入ってきた教会と第二次世界大戦以後、日本をほぼ休むことなく統治してきた執権自民党の関係に注目した。

先月、青山重春の執権議員は、党派の指導者は、教会の投票が組織的支持の欠如の候補者にどのように役立つと言ったと述べました。

日本支部の代表である田中寛弘(Tomihiro Tanaka)は、特定の政党に対する政治的干渉を否定したが、教会は反公主主義的な立場を共有しているため、与党議員とより緊密な関係を発展させたと述べた。

何十年もの間、教会と財政的紛争のある人々に法的支援を提供してきた全国の霊的販売反対弁護士ネットワーク会員は、合計1200億円(9億ドル)を超える損失に関連する34,000件の苦情を受けたと述べました。

田中は教会の信者を迫害する弁護士とメディアを非難しました。

40代前の信者は最近、記者懇談会で高校生の時、母親が神道になった後、二人の姉妹と共に強制的に教会に入ったと話した。

教会が用意した二つの結婚に失敗した後、彼女はマインドコントロールから目覚め、2013年に日本に戻ったと言いました。

教会によって私の人生が壊れた2世の被害者として(山上の行動が間違っていたが)苦しみを理解できる」と話した。

(このレポートの見出しと図のみがビジネススタンダードの従業員によって変更された可能性があり、残りのコンテンツはシンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  インド市場は上昇を続け、再び史上最高値を更新しました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close