World

安倍首相辞任会見[전문 (2)]「痛恨の極み。意味半ば心情」(1/2) | AERA dot(アエラ点)

辞任の話安倍晋三首相(c)朝日新聞社

安倍晋三首相が辞任の意思を固めて28日、首相官邸で記者会見を開いた。 その様子を全文掲載する。

>>「安倍首相辞任会見[전문 (1)]再発の兆候」首相の地位に続けてはならない “から”継続

* * *
最大の課題であるコロナ対応に問題が生じるのは、可能な限り避けるべきである。 この1ヶ月は一心でした。 悩みに悩んだが、この足元で7月以降の感染拡大が減少に転じたこと、そして冬に備えて実施しなければなら対応策を取りまとめることができたので、新しいシステムに移行するか、あなたがタイミングしかないと判断しました。 この7年8ヶ月様々な課題に挑戦してきました。 残された課題も、残念ながら多くありますが、同時に、様々な課題に挑戦する中で達成したことを実践することができたのもあります。 すべての国政選挙のたびに強力な信頼を与え等を後押しした国民の皆さんのおかげです。 本当にありがとうございます。

そのようなサポートを受けたにもかかわらず、任期をまだ1年残して、他の様々な政策を実践途上にある中で、コロナ災害の中で仕事を降伏になったことについて、国民の皆さんに心からお詫び申し上げます。

拉致問題を自分の手で解決しなかったのは痛恨の極みです。 ロシアとの平和条約、また憲法改正を意味半ばに職場を離れるのは心情です。 しかし、すべての自民党に国民の皆さんに約束をした政策であり、新しい強力なシステムの下で、新しいポリシーの勢いを得て実現のために進むと確信しています。 もちろん、次の首相が任命されるまでクトカジグァ責任を尽くします。 そして治療によって何とか体調を万全に、新体制をした議員に支持していきたいと考えています。 国民の皆さん、8年近くに渡っていて、本当にありがとうございました。

(ここでは、質疑応答)

– 辞意を表明しましたが、治療を続けながら執務を続ける代わりに、なかったのか? それだけ健康状態が難しいのか? 再び病院に通うような必要性があるか 辞退を決意したのはいつ頃だったのか? 任期途中辞任末に政権投げとの批判もあるかと思いますが、意中の後継者は?



READ  台風に停止した原子力発電所...「気候の危機に原子力発電所は、代替ではなく、危険」=韓国:政治•社会:hankyoreh japan

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close