スポーツ

安全擁護者は野球の試合で保護措置を求め続ける

Foul Ball Safety Now!の創設者であるJordan Skopp MLBが試合にさらなる保護を追加するよう促すキャンペーンは、リーグの閉鎖期間中にMLBとメジャーリーグ野球選手協会(MLB)との交渉からのニュースに悩んでいます。抜けました。

またはむしろ彼が聞いたことがないもの。

木曜日の午後に終了した99日間の閉鎖期間中、贅沢、サービス時間、その他のさまざまな問題について多くの話がありました。 しかし、Skoppと彼のキャンペーンで他の人がもっと聞きたかったのは、MLBが今春のメジャーリーグとマイナーリーグで試合が始まるときにファンを保護する計画でした。

ニューヨークのメッツに根ざしているブルックリンを拠点とする不動産ブローカーSkoppは、MLBがスタジアムにさらにネットを設置し、観客席に合ったファウルボールのために深刻な怪我をしないようにファンを保護することを長年提唱してきました。 彼は研究を収集し、この問題に関して野球関係者と政治家に連絡しようとしました。 スコープは言葉を惜しまないし、MLBがファンにファウルボールで深刻なけがをする危険を打つことは容認できないと言います。

「あなたはメジャーリーグの野球球団が「私たちの従業員が野球ファンの頭を押しつぶす野球ボールを打つことはできません」と言うと思います」とSkoppはJapan Timesに語った。 「そして反対側には、すべての選手の平原を代表する選手組合があります。 すぐに、メンバーの一人が野球ファンの頭を踏みつけることができることを知って、なぜ一般の従業員が出勤するようにしておきますか?

ファウルボールが観客席に飛んで怪我をする問題は新しいものではありません。 14歳の少年アラン・フィッシュ(Alan Fish)は、1970年にドジャースタジアムで行われた試合を観覧している間、ファウルボールに当たって死亡した。 同じ場所。

死者は報告されていませんが、その悲劇の間に何年もの間ファンが暴行を受けている多くの事例がありました。

米国テレビネットワークNBCの調査によると、2012年から2019年までのMLB競技中800人以上のファンがボールに負傷した。 その報告はMLBにのみ焦点を当てており、これはマイナーリーグパークでの出来事を説明していないという意味です。

Skoppは、MLBの救い主に請願することに加えて、未成年者のスタジアム運営者にネットを拡大するキャンペーンを行ったと述べた。

彼は「1年前頃にはマイナーリーグ区長100カ所に電話をかけてアンケート調査をした」と話した。 「少なくとも42人がダグアウトを過ぎず、まだネットがないことを発見しました。 子どもを含む物が壊れる場所はどこですか? ダックアウトの終わりを過ぎて。」

2019年のMLBは、30の球団すべてが2020年のシーズン前により多くの保護ネットワークを追加すると発表しました。 しかし、Skoppはまだリーグの努力に満足していません。

彼は自分のキャンペーンを通じてできるだけ公衆にこのニュースを知らせるよう努めています。

彼は昨年初めに記者会見を開き、被害者が自分の話をすることができるようにしたし、より多くの証言を約束する問題についての本を執筆中だ。

彼は、「証拠ファイルが日が経つにつれて厚くなっています。

2021年6月、Skoppは、イリノイ州ピオリアにあるDozer Parkを一周するために飛行機を雇いながら「ドーザーを目覚めなさい!Nets!」というメッセージがマイナーリーグ戦前です。

MLBの行動不足に対する苦情とともに、Skoppはメディアメンバーが声を上げなければならないと考えています。

彼は「野球をやめたり、野球を書くことをやめたりする人は誰もいない」と話した。 「作家だけの話ではありません。 それは放送局でも、プレイヤーでも所有者でもよい。 十分に自分を表現しなければならない4大グループです。

「彼らはおそらく、野球選手のように座る席について家族と少し会話をしただろう」

MLB交渉に従ったスコープは、自分が大義名分をする前からファンを保護するための進展がなかったと嘆いたが、最近野球交渉で得たことがほとんどなくても引き続き提唱すると誓った。

「52年経っても、私たちはまだ同じ場所にいます」とSkoppは言いました。 「アレン・フィッシュ以来ほぼ52年」。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Colin Reaの狂気の旅は、彼Brewersのブルペンで発見するために、日本で彼を連れて行きました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close