エンターテインメント

実写映画「モンスターハンター」予告編公開。ブロスやマウス、孤児曲がっまで登場 – Engadget日本版

ソニー・ピクチャーズ

過去ティーザー公開に続き、ソニー・ピクチャーズがハリウッド実写映画版「モンスターハンター」のフルトレーラーを公開しました。

今までのスチール映像では、ミラ・ジョヴォヴィッチが演じる「アルテミス」は、現代の軍人で巨大なモンスターが跋扈する世界に転移? すること、トニーエーザイ現地ハンターのような人物だとくらいしか推測できませんが、予告編では、剛速球ストレート “現用ビョンギイ世界の転移物」プロットとゲームモンハン本編以上に巨大なブロス(亜種)あコンセプトノース、リオレウス、そしてゴア勝機ようなドラゴンが迫力が登場することを知ることができます。

実写モンハンの監督は「バイオハザード」シリーズのカプコンと縁が深く、主演女優ミラ・ジョヴォヴィッチの夫でもあるポールW・S・アンダーソン。 バイオハザードに続くミラ&ポール夫婦映画です。

モンハン実写映画はミラ・ジョヴォヴィッチ出演、P・アンダーソン監督の「バイオハザード」の夫婦再び。今年の秋撮影開始 (2018年初報)

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

公式ポスターの一つ。 映画版のモンスターは、ゲーム本編の古代の種レベルでのカーソルのゲーム以上 “無理が……」感がありますが、それでもトニー者であれば、矢でなんならパンチとキックでも何とかしてくれるでしょう。

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

軍用機を簡単に落ちる巨大ウス(と思われる種類)。

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

草食の比較的小型ああコンセプトノース見える種。 一気にモンハンみたい絵面。

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

もはや古代の種サイズブロ​​ス。 トニー・ジャー演技ハンターも「ブロス!」とつぶやいています。 色にバリエーション?

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

予告編で、現代の軍隊の部隊がモンハンの世界に転移顔見せ実戦で次々れモンスターすごく演出現地ハンター助けられる現代の武器も終わりが復讐を誓いましたアルテミスが双剣で鬼人化無双、想像するが、あくまで予告編編集します。

モンスターハンター

ソニー・ピクチャーズ

どれをとっても、最終ボス級モンスターが続々と登場する中ちょっと顔を見せるのが、おそらくゴ曲がっているようだ目がないドラゴン。 ここでは、例えば、他のモンスターを欺くさせ、世界の調和を乱すラスボス的な評価になるかもしれません。

映画Monster Hunterは、米国で12月30日に公開予定である。

モンスターハンター| 公式映画サイト| 劇場でのみ、12月

READ  JO1、初のアルバム「The STAR "オンラインショーケース(発売前PRイベント)開催決定! - TOWER RECORDS ONLINE

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close