スポーツ

宮本監督「出場時間、場所をやっ求めたもの」 – J1:日刊スポーツ

移籍した遠藤について話G大阪宮本監督(C)GAMBAOSAKA

ガンバ大阪の宮本恒靖監督(43)が6日、MF遠藤保仁(40)がJ2ジュビロ磐田に期限付き移籍したことについて、最初に言及した。 この日、大阪吹田市内で練習した後、オンラインの取材に応じた。

質問を受けた当初は「交換は二人​​だけのものにしたい」と述べた宮本監督が、時間をかけて胸の内を明らかにした行った。

「やっ(遠藤)と話をしている中で、自分が試合に出場維持し、常に話をしていたし、こちらも開始(選抜)と中間の力を出してもらう来ていた。途中で無くなる大きな打撃だが、(本人の意思を)尊重されたところがある。最近も(遠藤)は開始から通じる話をしていたが、環境を変えて出場時間、場所をやっ要求したもの」

また、クラブ全体が、今後の、辛い決断したのも明らかにした。

「20年ここにいた選手がなくなるすべての影響は大きいと思うが、このクラブは継続される、このクラブを裏付けるものは全て、それぞれの貢献してほしい。いつまでもやっに依存マスクがクラブの未来をリードしていかなければ」

一度主張を務めた精神的支柱だった遠藤は、期限付き移籍が今季はもう頼りなくなった。

“(これから)期待するのは、電源(選手)自分がしなければならいけない、していこうということを純粋に出してほしい。このクラブをそうしたいと思う貢献したいと考えを担ってプレイながらそんな毎日を出すこと(チームに貢献する姿勢などが)形成していくこと」

遠藤ロスの有無を問わず、指揮官は「前に進んでナガヤグァの両方にあります。今日の練習も良い雰囲気だった一歩を進めていくだけだ」とチームとクラブの成長を目標姿勢を強調した。

遠藤は前日会見で、宮本監督から「ありがとうという言葉を受けた後、自分も本当に感謝している」と語っていた。

G大阪は現在、今季第二4連勝中だ。 5連勝すると、9連勝を走った18年9〜11月以降になる。 7日サガン鳥栖戦(駅スター)で連勝を伸ばし、現在5位の順位を一つでも上げたい。[요코타 카즈유키]

READ  レッドブルF1」アストンマーチンを代わりにタイトルスポンサーなしで "[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close